「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ABCクッキング シンガポール オープン!

4月24日にABCクッキングスタジオが高島屋の3階にオープンしましたねー。

先日お声を掛けていただき、メディア向けのデモンストレーションとベーキングトライアルに参加してきました。
f0239329_23481254.jpg

日本に134、アジアに14有るスタジオの中でシンガポールの高島屋スタジオが一番大きい、、、広いんです、めっちゃ。

思えば遠い昔、、、わたくしもABCの渋谷ブレッドスタジオに通いました。
アフリカの旅行先で、どうしても美味しいフランスパンが食べたくなって、でも売ってなくて、この先旅行したとき自炊することがまたあるならば、パンがサクッと焼けるようになりたいなあ〜という妄想から通い始め、そしたらハマって、一時はパンに追いかけられるほど焼いていました。
2001/12月-2002/1月のひと月で30種類の基礎コースパンを全て習い、最後の方は目をつぶっても焼けるんじゃないかと本気で思いました。

その後じわじわとパンのマスタークラスをとって、、、
念願のフランスパンを習った、、、
f0239329_23481358.jpg

当時はこーゆーA4のカラーじゃないレシピだったのです。時代を感じますねえ。

お菓子だって続けざまにやればイヤでもコツを覚えます。そして短期間に回数こなせばカラダが覚え、忘れません。

ABCなら
「はっ!今日はXXXが入手できなくて、、、」とか、

「す、すみません、時間オーバーしてしまいましたm(_ _)m」

と、いうわたしのような失敗はもちろんありません。

コースの種類は4種類で、こんな感じのようです。(2015/04現在)

1) パン (8回 $520〜、16回、24回)
2) ケーキ (6回 $450〜、12回、18回)
3) お料理 (24回 $1920〜、36回、48回)
4) 和菓子 (6回 $462)

パンコースとケーキコースの抱き合わせで割引になったり、入会金無料だったり五月末までの特典などあるみたいです。

詳しくはこちら↓かな?
http://abc-cooking.com.sg
(ちょいとこのサイトにまだ繋がらないみたい) ←今日4/28日から繋がるようになりました。
Facebook
https://m.facebook.com/abccooking.sg?refsrc=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fabccooking.sg

2時間のトライアルレッスンは
・ハンバーグステーキか、
・ハムマヨとシナモンロール、
・ガトーショコラ
から選べます。(要予約)
Tel: 6694-6104

出来上がったケーキやパンをお土産にしたりするときには、、、
お店にたくさん飾ってあるメッセージカードを使えます。ナイスアイディア!
f0239329_23481434.jpg

f0239329_23481590.jpg


そして、なんといっても店長のあさみさんがかわいいし、ステキでした。
f0239329_23481443.jpg

会いにいかなくちゃ!

ABC Cooking Studio Takashimaya S.D.
391 Orchard Road 03-12/12A
Takashimaya SC
Singapore 238872

よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-24 19:45

Imbiss - ドイツ式ジャンクスナック!

今日はソーセージのハナシを。。。

お肉屋さんで有名な「Huber's」
お肉もさることながら、"Dempsy"にあるお店自体が好きでよく行きます。

そのHuber's系列なのかな?Raffles Placeにオープンした"Bratworks" というお店。German Street Style (割とジャンクな、でもうんまい)軽食のお店です。
f0239329_19381338.jpg

Imbissとはドイツやオーストリアでスナックスタンドのこと。食事と食事の間に食べる軽食のことです。
f0239329_19381429.jpg

このビール見てダンナさん小躍りして、写真撮ってドイツ人のお友達に速攻メールしてました。
f0239329_19381520.jpg

f0239329_19381624.jpg

そんで、どうやって持って帰るとか、考えずに、ケグまで購入。
f0239329_19381711.jpg

f0239329_19381889.jpg

f0239329_19382094.jpg

ポテトがすんごい美味しいと思って「これもドイツで加工してるの?」と、聞いたら、シンガポールで買ったものだそうで。わたくしのセンスのなさにはヘドがでます。マヨとケチャップが雪崩のようにかけられてしまいました。次回はマヨケチャなしでお願いしようと思います。
f0239329_1938211.jpg

このCurry Wurstは日本で言えば磯辺焼き?ドイツで最も身近なソーセージと言っても過言ではないと思います。ジャンクで美味しかった⭐️
f0239329_19382189.jpg

f0239329_19382237.jpg

"Bratworks"
One Raffles Place, 1 Raffles Place, #B1-18, Raffles Place 048616
このサイトに10%オフのクーポンがあるもよう、、、
http://m.sg.openrice.com/restaurant/105202/bratworks-the-german-imbiss-raffles-place



はたまた、自宅では、(Huber's)フーバーズで買ってきたソーセージで、手抜きランチ。
f0239329_19382390.jpg

冷凍してあったPork Bratwurst Swiss Style! と買い置きのサワークラウト。
茹でます。油落とします。
f0239329_19382454.jpg

そして、フライパンで焼き、、、作り置きのマッシュポテトもあたためて、、。
f0239329_19382638.jpg

f0239329_19382767.jpg

f0239329_19382864.jpg

とりあえずパセリで茶色いごはんを免れる。
f0239329_19382993.jpg

さいちゃんからもらったハワイのハバネロ入りマスタードが甘辛でめっちゃ合う⭐️ナパバレーのワールドマスタードコンペで優勝した強者。美味しい。
ハワイに行くことがあれば、、、ほしい。。。でもハワイココカラ遠いorz
f0239329_19382914.jpg




よかったらこちらクリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-22 01:40 | レストラン

中垣幸世さんのシンガポールセミナー 第二回

4/26日現在 満席 (*4/28日第一回セミナーも満席となりました。)

「シンガーソングライターのSachiyoさんとしても活躍中の、中垣幸世さんのシンガポール・セミナー」

第二回です!
(内容は一回目とほぼ同様となります。)
f0239329_1920245.jpg

今年は建国50周年の特別な年。
国をあげて振り返る、そんな年かな、と思います。

そんな時に、縁あって移住43年、シンガポールの表も裏もご存知、というステキな日本女性に会いました。

日本軍が占領していた3年半何があったのか、その昭南島と呼ばれる時期を超えて何故シンガポールは親日なのか、。

50年で、特産物もない島で、どうやって国を繁栄させたか、。Lee Kuan Yew氏がどれだけシンガポールにとって重要な人物だったのか、

何故1ドルコインは八角形なのか、
何故お札の色がカラフルなのか、
毎年2月15日になるサイレンはなんなのか、

何故気が悪い場所が多々あるのか、(霊感の強い人はわかるのかな?)

普段は企業向けセミナーを中心に(シンガポール新人社員研修が主) 活動されている中垣さんですが、説得をしてセミナーを開催していただけることになりました。

この8月、50周年式典を迎える前に、「シンガポールと日本」の基礎知識を一緒に学びませんか。
縁あって、シンガポールに現在住んでいる、自主的に来星した方も、会社の都合で、という人も、是非知っておいて欲しい歴史背景と、シンガポールのなぜなにを理解していただけると思います。

「中垣幸世さんのシンガポールセミナー」

5月21日(木)
時間: 10:00-12:00
場所: 18 Mohamed Sultan Road, #02-02 Drive Studio, Singapore 238967
講習費: $50 (お茶菓子つき)
定員: 20名
4/26日現在満席 (*4/28日第一回セミナーも満席となりました。)
中垣幸世さんのサイトはこちら
http://www.sachiyonakagaki.com

f0239329_13335124.jpg

お申し込みは以下①〜③までを記入のうえ info@regalino.sg まで送信ください。

①お名前(ふりがな)
②電話番号
③メールアドレス

よろしくお願いします。



企画: Regalino Pte Ltd


よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-20 13:00 | レガリーノ

社長に会いたい Vol.2 タスカジ taskaji

先日、ご縁があり、タスカジ - taskaji housekeeping の社長、和田幸子さんにお会いしました。

f0239329_23474943.jpg

タスカジという会社は、家事代行サービスをリーズナブルに引き受けてくれる方と利用者とをマッチングさせるサービスで、関東からスタートし、現在は関西も、そしてサービス地域は順次拡大しているようです。

タスカジ

その会社のCEOの幸子さんは、まず物腰柔らか、清潔感に溢れ、女社長にありがちな、ガツガツ負けないわよ〜感が"ゼロ"な方でした。

今回数人のお友達とうちのヘルパーさんと一緒に幸子さんにお会いし、シンガポールの"ヘルパーさん"の現状をお話ししました。

現在日本で外国籍の住み込みヘルパーさんを雇うのはVISAの関係上も、特に日本人夫婦であれば、難しい。外国人家庭でも会社Directorレベルでようやく申請を受け付けてくれる、、、なワケで、もしかしたら本当に幸子さんが聞きたかったことはパートタイムで正式に雇っている方の意見だったかもしれません。

まずわたしが最初にお話したことは、、、

「パートタイムにしても、住み込みのヘルパーさんにしても、仕事をお願いして、70%結果ハッピーならば、上出来なんじゃないかなと思います。」

ということです。

同じような環境と文化で育ち、同じものを食べて、同じ学校に通った兄弟(例えばね)が家事を同じレベルでできるでしょうか?

おそらくできないことの方が多いと思います。
ご兄弟で家事術や整理整頓術が同等です、なんて方あまりいないんじゃないかなと思います。違うかな?
同じ環境に育っても性格も人格も違うから、同じレベル、同じ感覚なんて無理なのに、全く違う環境や文化、違うものを食べ、全く違った教育を受けた別の言葉をしゃべる人が同じ感覚でトレーニングもなく家事ができるわけがない。

それは訓練や詳細な説明、辛抱強い忍耐力(お互いのね)があって、やっと70%満足のレベルに到達するのであって、お湯を注げばすぐできるインスタント的なものではないと思います。もしも雇っているヘルパーさんが100%あなた色に染まってくれていて、何も不自由がないとすれば、、、

その方は、、、

ミセス ダウト??

そんな人にもしも出会えたらよっぽどラッキー。。。

でも、もし現状に限界を感じているならば、家事や育児を誰かに手伝ってもらうことは健康的な解決策なんじゃないかなと思うのです。

昔、だんなさんと結婚前に一緒に暮らしていた頃、共にフルタイムの仕事をしていて、家事の時間が惜しかった。ありがちな、「気づいた人がやる、、、」という曖昧なルールの下にお互いの不満がたまり、決して生活に余裕があるわけじゃないけど、相談して1時間1,500円、月に15,000円くらいで不満を解消できるならば、誰かにお願いしようではないかということになり、そこから断続的にヘルパーさんと共に歩む生活がスタートしました。

それはそれはいろんな方がいました。

どうしても掃除機の掛け方(たかが掃除機の掛け方、、、されど、、です。)が気になってしまう人や、何かを破損しても申告してくれない人や、必要以上に洗剤がなくなる人(横流ししてた!)や、ドタキャンが多い人や連絡が取れなくなってしまう人、、、
歩み寄って解決できるケースとできないケースにわかれますョネ。
(この辺半分以上はタスカジさんのヘルパーさんならきっと即解決でしょうね。)

プロだと思ってどんだけすごいのかと思えば、どんなすごい人でも二時間でやれることは物理的にも限られる、ということも学びました(それでも自分でやるより遥かに作業は早い、集中してやるからね。) 。ならばどうしてもやってほしいコトに絞ってお願いしないとね、とか試行錯誤でした。
私は洗濯は好きだからやりたいけれど、アイロン掛けは不得意、、、とかね、家事でも好き嫌い得手不得手がありますよね。

ヘルパーさん側にだって得手不得手があるかもしれない。リーズナブルなお値段で家事をお願いしてもらっている以上、その点での歩み寄りは必要で、それは双方の心の健康を保つにも大事なことかなと思います。

その時間も惜しい!という場合はお値段は張るけれどきっとダスキンとか、大手のクリーニング業社さんにお願いするのがよいのかもしれないですよね。

私達の場合は家事ヘルパーさんをお願いし始めたことにより、画期的に生活スタイルが向上し、くだらないケンカは減ったし、ヘルパーさんが来てくれた日は最高に気分がいい、、、というメリット尽くしでした。

最近、道端アンジェリカさんが語った結婚観が話題を呼んでいましたが、、、
エンドレスに大変な寝かしつけが必要な時期に二週間に一度でもいいから、誰か頼れる人がいるという「保険」、子供と親が煮詰まらない為にもどんどんサービスが浸透していくといいなあと思います。家に家族以外の人をあげるのがイヤなだんなさんも多いと思いますが、これも少しずつ社会全体の理解が深まるといいのになあ、、、と願ってやみません。

(タスカジさんのチャイルドケアですが、保護者のいるところでの対応は可能、保護者不在でのベビーシッターや送迎などは対象外とのことでした。)

まあ、あとは日本のレストラン側の理解も(もう少し子連れ赤ちゃん連れのお客さんに寛容になってほしい。)もう少しよくなると外出しやすくなるのかな、と全てが一歩ずつ前進すると違ってくるのではないかなと、思います。

自分にしか出来ないことを自分でやり、他の誰かでも大丈夫なことは誰かにお願いし、デディケイトする。お願いしたり、教えることって中々難しいし面倒くさいことだけど、簡単にこういったサービスをトライできる世の中が来ますように。

幸子さん、いろいろ貴重なお話を聞かせてくれてありがとうございましたm(_ _)m

↓↓↓
タスカジ




よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-15 23:47 | 社長に会いたい

ミュンヘン郊外 イースターバニーに会いにいく

ミュンヘンは人口約140万人の街です。

シンガポールの土地面積が約7万平方キロに対し、ミュンヘンは約3万平方キロメートル。半分以下の土地にシンガポールの約四分の一の人口(シンガポールの人口を約550万人と考えると)で、知名度の割に小さな規模の街です。

ミュンヘンに住むいとこは夏は自転車で街の移動が十分にできると言っています。ですが、地下鉄もトラムもあり、(タクシーも流しあり、ただし料金は東京と同じ位かな。)一週間も居れば土地勘がついてきます。
(ワンコも子供料金で電車に乗れます。)
f0239329_1433176.jpg

f0239329_1433215.jpg

f0239329_1433335.jpg

この国のワンコは地位が高く、スーパーマーケットと、オープンキッチンのレストラン以外わりとどこでも一緒にいけます。
こちらはレストランでリードなしでもお利口にしているワンコ。(写真撮った時はまだリードしてる。)
f0239329_14332237.jpg



イースターサンデーに、ミュンヘン郊外に住むシンガポールから引越したお友達の家にお呼ばれし、遊びにいきました。

で、思いがけず、イースターバニーに会えました。
f0239329_1433961.jpg

f0239329_14331087.jpg

f0239329_14331118.jpg

(これはチキンだわね。)
f0239329_1433653.jpg

f0239329_1433779.jpg

f0239329_1433860.jpg

無事イースターバニーが隠したタマゴを探し出し(本格的!)チョコを知らぬ間に食べ漁っていたキッズ達ですが、、、
f0239329_14331390.jpg

f0239329_1433142.jpg

待てよ、そもそもなんでイースターにはウサギで、エッグハントなの?
と、常に勉強不足なわたくし。。。

金曜にキリストが十字架にかけられ、三日後の月曜日に復活する、イエス・キリストの復活をお祝いするのがイースターだと理解していました。

卵や肉はこのキリストが苦しんでいたこの時期に食べることを自粛されていた習慣が昔(今も純真な信者には習慣付いている)あったそうです。(実際木曜の夜にhans im glückにバーガーを食べに行ったとき、義理母のお友達は"イースターは肉食べないのよ、"とベジバーガーを頼んでいました。)
そして、イースターバニーは裁判官とかジャッジの象徴として、いままで良い子にしていたかどうか判断を下す人、いわばサンタクロースのような役割を果たす為にいるそうです。
良い子にしてたら、卵をもらえる、、、という風習で、イースターを子供たちもお祭りとして、待ち望み祝う、、、という慣わしになった、、、とのことでした。(ザックリですが、、、地方によって解釈もさまざまみたいです。)

そんなとき、、、めんどりが、、、
"産んだわよ〜"と雄叫びをあげ、、、
文字通りタマゴをデリバリーしてくれました。
f0239329_14331572.jpg

産みたて!温かい!!感動!!!

と、、、感動しているときに、裁判官役のウサギやんが、、、
f0239329_1433195.jpg

丸太の間に詰まり出られなくなっている、、、
か、かわいすぎる。

動物まみれの最高のイースターサンデーをありがとう。お友達家族に感謝です。

f0239329_14332091.jpg

最後にポニーの(パヨちゃん)にまで乗らせてもらい、イモ子ご満悦。ボーイズは干し草まみれになりかくれんぼをずっとしてたようです。。。
f0239329_14332199.jpg




よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-07 14:32 | ミュンヘン

ミュンヘン マリエンプラッツで朝食

ドイツは朝食が美味しい国です。
(少なくとも私はそう感じている。)
f0239329_1225988.jpg

(↑この日も雨。イースターの土曜日、午前中はお店が開いている風だったので、買い物に出掛けました。)
普段は借りているキッチン付きアパートで朝食を食べてから出かけていたけれど、たまには、、、と思い、むかーしむかしにだんなさんと行った場所に朝食を食べに出掛けました。

場所はちょうどマリエンプラッツ(Marien Platz)とNeues Rathaus(新市庁舎)が見えるベストポジション!
Glockenspiel Cafe です。
f0239329_12308.jpg

裏からエレベーターで、5階へ。
f0239329_123120.jpg

すると、、、
新市庁舎が目の前です。
f0239329_123253.jpg

1908年に増築された時から毎日かかさず動いている仕掛け時計。ドイツ1の大きさを誇り、ヨーロッパ全体では4番目に大きい(らしい)。

朝11時、お昼12時(あとは夕方5時)に鳴るので、11時前に到着した私達は2回からくりを楽しめました。
f0239329_123476.jpg

いろいろある朝食のは中から"全部のせ"みたいなセット朝食"Frühstück 3"をチョイス。でもコーヒーは付いてなかった、、、。

こんなパン籠が出てきて、、、
みんなで食べる。
f0239329_123585.jpg

イモ子のフレンチトースト
f0239329_123690.jpg

次男のプレッツェルと半熟卵と、
f0239329_123791.jpg

だんなさんの"Frühstück 1"
f0239329_123974.jpg

こちらFrühstück 3
(甘くないヨーグルト、フルーツ、チーズ付き)
f0239329_1231058.jpg

私が一番好きなパン。ケシの実付きのゼンメル。こちらはかわいいミニサイズ。
f0239329_1231142.jpg

これを上下半分に切って、バター(ヨーロッパ、バターも美味しい)を塗り、ハムやチーズを乗せてオープンサンドみたいにして食べるのが、主流。
f0239329_1231283.jpg

卵はナイフで上2cmくらいの円ができるくらいに切って、塩胡椒してスプーンで食べる。
f0239329_1231377.jpg

ライ麦パンも同じく。このパンは若干クミンの香りがする。
f0239329_1231561.jpg
f0239329_1231612.jpg

フォルコルンブロート。ライ麦&全粒粉とヒマワリの種などのパン。
f0239329_123179.jpg

チーズとジャムで。
f0239329_123185.jpg


そんなボリュームたっぷりの朝食の後に、、、ケーキを食べている地元の人もいて、、、わたしはまだまだなのかなぁと思ってしまいました。
f0239329_1231929.jpg

f0239329_1232087.jpg

是非朝食に、、、おすすめです。
(エレベーター反対側にレストランもありますが、カフェサイドが仕掛け時計側です。)

Glockenspiel Cafe Restaurant Bar
Marienplatz 28 5.OG (5F)
80331 München
Tel: 089 26 42 56






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-06 23:16

ミュンヘン 現代美術館 ピナコテーク等

f0239329_140338.jpg

耳がちぎれるほど寒い雨雪の中、ピナコテーク・デア・モデルネ Pinakothek der Moderne (ミュンヘンにある現代美術館)に行きました。

寒い中、シュテファン・ブラウン・フェルスが設計した巨大な建物はいかにもドイツな感じで、寒さを一層際立たせるかのよう、、、
f0239329_1403618.jpg

でも、かなり楽しめました。
子供たちも親戚も一緒でしたが、現代美術館だけで3時間はいたかな。

美術館へ行くと必ず家族が逸れる我家。全員O型なせいか、みな好きなところへ、自分のペースでみます。「何時にどこ」と決めておかないと、一生追いかけ、探し、見つからない、、、(汗)ほど広いです。
f0239329_1403758.jpg

外は雪。ワンコが遊んでいる、、。
f0239329_1403829.jpg

f0239329_1403912.jpg

二階から地下一階を見下ろす。
f0239329_1404052.jpg

かなり印象に残ったのは、昨年暮から今年の初めにかけてNYのMoMaで展示されて話題になった、写真家ニコラス・ニクソンの「Forty Years of The Brown Sisters」
f0239329_1404166.jpg

f0239329_1404333.jpg

四人姉妹の長女かな?Bebeさんのだんなさんが写真家のニコラスさんで、四人のポートレート写真を1975年から毎年撮り続けて、40枚の白黒写真をまとめて展示したもの。
f0239329_1404422.jpg

わたしとだんなさんのこの展示に対する見方は180度違うのだけど、40年という月日、撮る側にしても撮られる側としても、撮ったものを見る側としても相当感慨深い。
おそらく自分自身の年齢と重なるものがあるからかもしれないけど、、、
老いとはなんとむごいものか、、、。
スタートが15歳、21歳、23歳、25歳。めちゃくちゃ若くて綺麗で、、、そこから40年だから、ね。
f0239329_1404597.jpg

「Forty Years of The Brown Sisters」は、2015年7月5日までこちらのピナコテークで展示。
次の展示場所はどこでしょうか。


帰りに立ち寄ったギフトショップで、「ぺんてる」の馴染みあるサインペンを発見。2.90ユーロとかなりお高めだったけど、懐かしくて買ってしまった。
f0239329_1404872.jpg



・・・・・・・・

現代つながりで、気になっていた雑貨屋さんへ。
ミュンヘン中心とも言える、マリアンプラッツ周辺にある小さなモールみたいなところ。「Fünf Höfe」の中にあり、、、
f0239329_1405033.jpg

f0239329_1405293.jpg

MUJIの隣のとなりにある「Magazin 」
f0239329_1443581.jpg


どれもいいお値段するんだけど、眺めるだけでも楽しいし、勉強になるし、アイディア満載。
f0239329_1442945.jpg

↓折り畳める高さも自由自在にできるゴミ箱を購入。
f0239329_1443078.jpg

弁当箱はオシャレグッズ、、、
f0239329_1443123.jpg

f0239329_144321.jpg

f0239329_1443346.jpg

お店に来てる人もオシャレでアートな人が多いカナ。
f0239329_1443550.jpg


キッチン用品を探すなら、、、こちらも!マリアンプラッツ周辺にある、「Kusterman」
キッチン用品だけ置いてある東急ハンズみたい。
f0239329_1443640.jpg

ここにも1日いれるな〜と思いながらスーツケースの容量を考え、名残惜しく店を後にしました。




よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-05 15:41

ミュンヘン Schloss Nymphenburg

Good Friday 4月3日金曜日は良い天気でした。
(イモ子、冬用ジャンパーないからスキーヤッケ)
f0239329_282719.jpg

天候の変化が激しいこの時期、お天気だったら出掛けたい!と思うのは皆同じようで、しかも街は祝日でお休みのところが多いから、ニンフェンブルグ城(こちらは年中無休)にはたくさんの人がきていました。

お城手前側の池にはたくさんの白鳥や鴨がいて、水面が綺麗で子供たち、写真を撮るのに忙しい様子。(↓次男撮影)
f0239329_282976.jpg

f0239329_283065.jpg

f0239329_283181.jpg

庭園側に移動して、歩いて行くと、手に葉がついた緑色の棒きれを持つ人と何人も何人もすれ違う。何やら宗教上イースターに必要なものらしい。
f0239329_283247.jpg

f0239329_283426.jpg

調べたら、、、
キリストが十字架に掲げられる前にエルサレムへロバに揺られて向かっている最中、このパームツリーに飾られる道を歩いた。その金曜の出来事を思い出す為、忘れないためにこれらのパームツリーの棒をこの場所から持ちかえっているとのことでした。



一通り庭園を歩いたら、、、
f0239329_283512.jpg

お腹が空いたので、、、
Schlosscafe im Palmenhaus
というカフェ&レストランへ。だんなさんは最初からここを目指していたらしい。
f0239329_283659.jpg

午後3時、、、外のテラス席も中も激混み、、、
f0239329_284012.jpg

ランチ客が引けてきたのか、運良く席が空き、良い席を案内してもらいました。
こんな美しいカフェがあるでしょうか、、、(しかも1700年代につくられたものが普通に使われている。)
(と思ったら結婚式とかにも使われるらしい)
f0239329_284263.jpg

私はずーっと食べたかったWeisswurst (ヴァイスヴァースト)という白ソーセージを。
f0239329_285898.jpg

油っぽくなく最高においしい。
f0239329_284388.jpg

薄皮を剥いて、この甘めのマスタードと食べる。(だんなさんはこのソーセージ食べると必ずお腹壊すという。私は壊したことないけど。)
f0239329_284511.jpg

で、だんなさんは魚を。
f0239329_284679.jpg

イモ子は、ジャンボシュークリーム。
f0239329_285059.jpg

シューも中のベリーソースも美味。クリームはチョイと持て余してましたが。
f0239329_285267.jpg

長男はスープとシーザーサラダ。
f0239329_285489.jpg

ケーキが美味しそうだったので、トリオをみんなでシェア。この国の人は本当によくケーキ食べる。
f0239329_28555.jpg

このクランブルのが食べてみたかったのよね。でもケーキにはそれほどの感動はなく、、、。しかしながら食べ過ぎという噂もあります。
f0239329_285699.jpg


次回来ることがあれば、朝食に来てみたいところです。
f0239329_29083.jpg





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-04 23:55 | ミュンヘン

ドイチェランドでハンバーガー

ミュンヘンにて義理家族と過ごしております。

最近ハンバーガーが若者の間で流行っているらしく、そろそろドイツバイエルン料理にも疲れてきたところだったので、

ティーンエイジャーおすすめの、

"hans im glück"

というハンバーガーチェーン店に行ってみました。
f0239329_15355363.jpg

「ハンス・イン・グルック」はグリム童話のひとつで、日本語だと「しあわせハンス」とか「幸福なハンス」などのようです。わらしべ長者に内容が似ていますが、手に入れていくもののグレードがどんどん下がっていき、、、最終的には長く離れた実家へ帰っていくことに最高の幸福を見出すという、非物欲の良さを教訓にする内容です。(詳しくはググってね)

ハンバーガーはハンブルグが発祥の地なの?という質問に義理兄は「しらない、、、」と返答。こちらもググると、いろんな説があるようです。サンドイッチのように人名とかではなく、一部は、ハンブルグあたりから発祥したタタール(タルタルの原型)ひき肉料理をアメリカに持ち込んだドイツ人が最初に作ったのではないか、、、という説がありますが、世界同時期にどこかでクリエイティブな食いしん坊がハンバーガーの原型を食べ始めたんだろうと勝手に想像することにしました。

閑散としたオフィス街?にこのお店だけ超満員。
f0239329_15355554.jpg

インテリアも素敵で必要以上にムーディなオレンジ色の照明。食べている間にだんだん暗くなり、店を出る頃には二段階照明が落ちていました。

んー、ドイツらしい、、、と思ったのが、各テーブルにおいてあるソース入れ。水仙の花が飾られているのだけど、鉢型にすこーしだけピッタリにくり抜かれている。。。
f0239329_1536548.jpg

f0239329_1536370.jpg



暗い中メニューを眺めると、、、ハンバーガーだけで、メニューが、
f0239329_15355674.jpg

f0239329_15355789.jpg

20以上、、、
私は"hans im glück"というシグナチャーらしきバーガーを注文。パルマハム、パルメザンチーズ、ルッコラ入りのバーガーに、サワードーのバンズです。
ポテトとサラダを選べるのですが、義理兄と半分にすることにしました。

長男はどうしても、、、といってコーラとファンタがミックスされた"spezi"をオーダー。
f0239329_1536375.jpg


正面に座った次男は、"Heumilchkäse"というクラシックなチーズバーガーに、白パン。うまいと言って一気に食べていました。いつもはポテトに走るのに、、、ポテト残してた、、、
f0239329_15355878.jpg

こちら白パンのhans im glück
f0239329_15355937.jpg

暗い、、、
f0239329_1536196.jpg

そしてこちらがサワードーパンのhans im glück。赤玉ねぎをカラメライズドしたのと、ムラサキキャベツのサラダも入っていました。
f0239329_1536224.jpg

めっちゃうまい!!!パンもサイコー。
ポテトもおいしい。
器も今こーゆーの流行りみたいでステキでした。

ドイツでドイツ料理にも飽きたら、、、
是非。。。

ドイツ国内で現在33店舗位あるようです。
hans im glück


よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-04-03 14:37 | ミュンヘン