「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

粋なジャパン

東京では、こんなものを目にするとつい立ち止まって魅入ってしまいました。

(日本橋高島屋さん)しっかし、長ーい枝のほうき、18000円!
f0239329_83655.jpg

(銀座うち山の塗り腕)
f0239329_836744.jpg

(渋谷西武さん)
f0239329_836943.jpg

f0239329_8361022.jpg

また、渋谷東急東横の催し物の階をたまたま通りかかり、、、
f0239329_836118.jpg

が飾ってある場所から、動けなくなってしまいました。。。
結果、、、
f0239329_8361242.jpg

こんな塗り物の取り皿や、南部鉄で有名な及源(おいげん)のコースター(チョコやら小さいマドレーヌなんかお出しするときに使っちゃる(*^^*))が我が家のコレクションに仲間入りと、相成りました。

鯛茶漬けで有名な、
「銀座うち山」では、、、
f0239329_8361595.jpg

f0239329_8361679.jpg

f0239329_8361755.jpg

f0239329_8361951.jpg

この美しい盛り付けと、器に、また器と器のコントラストにうっとり。もちろん鯛茶にも舌鼓ですが、、、。

どうしたらいいのでしょうか?
もう収納スペースは、、、かなり限界、、、ダンナさんに内緒で、増えてゆくキッチン用品や食器の内緒具合も、かなりかわいくない域に足を踏み入れています。

捨てられないオンナ危うし。

とりあえず、縄跳びして、朝ごはん食べてから考えます。。。
f0239329_8362154.jpg

(鎌倉土産いただきました。)
f0239329_8362256.jpg

f0239329_8362399.jpg



全国の漢字検定受験生の検討を心からお祈り申し上げますm(_ _)mご賛同くださる方もそうでもない方も、よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-31 21:18 | テーブルコーディネート

マロッキーノがお好き

昨晩、

「朝日を浴びて反復運動をするとやる気がでる!」

と聞いたので、早速朝日を正面から浴びてロッキーさながら縄跳び100回跳んでみました。やる気が出たかはわかりませんが、ブログを書く気は起こりました^ ^
f0239329_9453219.jpg

久々にコーヒーが飲みたい気分になったので(一応病み上がり)、この前ネットでみた、「マロッキーノ」というイタリアのコーヒーを作ることに。

マロッキーノというのはいたって簡単。
チョコひとかけらに、シングルエスプレッソをぶっかけ、泡立てたミルクを注ぎ(60ccくらい)、ココアパウダーを降る、、、それだけです。

確か作りおいたチョコがあったハズ、、、とワインフリッジをまさぐり、
金塊!ならぬ、チョコ塊ゲット。
f0239329_9453344.jpg

カットしたら、貴重なマルコナアーモンドをいれて和三盆で作ったことを思い出した!

ので、

そのまま食べる。。。

で、残ったカケラをコーヒーに入れることに。
f0239329_945349.jpg

エスプレッソを注ぎ、
(濃いめの黒いカプセル)
f0239329_9453693.jpg

f0239329_9453783.jpg


と、ここまで書いて、、、
急に、、、
ダークチョコの刺激と、
強いカフェインと、
縄跳びの余韻に、、、


くらっくら、、、心臓の音が響いてまいります、、、。(すでにマロッキーノ飲み干した。)

f0239329_9454211.jpg

f0239329_9454089.jpg

(このデミスプーンをずっと使いたかった。)
f0239329_9454171.jpg



マロッキーノは、とてーも手軽で美味しい!(↑これほんと。)

けど、


しばらくは、お茶を楽しもうと思います。



カラダが摂取するものに過敏に反応するのは年の所為だ!と思う方も、若さよ!と思う方も、どーでもよい方もよかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-30 09:09 | スイーツ

サンマをシンガポールで食べる

日本に帰る前においしいサンマをいただきました。

秋の頃になると、海外に居たって、サンマがつい食べたくなる。日本人のサガでしょうか。

朝井大将によると、秋刀魚はあまりローカルの方には好まれないそうです、なんでも小骨が多いからだとか、、、。日本人は多少の骨はパクッと勢いで飲み込んじゃったりしますよね。たまに、憶測誤り喉にぐさっとなんてこともありますが、、、(えっ?ない?!なんと野蛮なわたくし。。)
こちらが、チョンバルの焼鳥屋、Binchoのアートなサンマです。
f0239329_19473481.jpg

どうです?イメージと違いませんか?

この日は、初めて横っちょではなく、正面のカウンターにお席を取っていただき、女子三人でカンパイ。
こんなシャレオツなカクテルだって出てきます。
f0239329_19473424.jpg

f0239329_1947359.jpg

そしたらね、隣に1人で来てた雰囲気のあるおっさんがいたんです。チラッとみて、ん?なんかみたことある。ん?まさか、、、
で、よくみると、(さりげなくね、)
このチーズのマークのTシャツを着ている、、、
f0239329_19473660.jpg

レストランAndreの総料理長、Andreさんご本人でしたょ。
f0239329_19473742.jpg

なんかめちゃくちゃ嬉しくて写真一緒に撮ってもらいました。大将にも無理くり写真に入っていただきました。

でね、大将から前に
「ここのデザートはアンドレさんにお願いしてる、、、。」
と、聞いていたのに出てくるデザートほぼ季節のフルーツ。で、不躾ながら、
「デザートは、どうなってるんですか?」
と、聞くと、
「いやー、最近忙しくて、、、」と。
そーでしたか、、、それは残念無念、いつかここでアンドレデザートが食べれることを夢見つつ、また来ます。

さて、アンドレさんを横目に、お料理が続々と出てきました。

前回相当美味しかった「ぼんじり」をリピ。とろける美味しさ、また柚子胡椒が絶品。これが単品でツマミになるほど。
f0239329_19473811.jpg

日本のご飯なのに、オリーブオイル使って反則だ、、、とよく言われるそうです。。。
f0239329_19473935.jpg

タコ。タコ好きのこりんちゃんマストメニュー。やわらかい。
f0239329_19474064.jpg

ずっと食べたかった牛タンついに!
次回はランチに牛タン丼食べたい⭐️
f0239329_19474146.jpg

皮。あまり、、、って人もいるよね。でもワタクシは、大好きです。串に刺さってるのもいいけど、ここのはパリパリ。
f0239329_19474111.jpg

サービスで出してもらったしいたけ肉詰め。プロが作るとこんなにかっこいい。
f0239329_19474231.jpg

これなんだったかな、ラムかな。じゃんけんして取り合って食べた記憶が、、、。
後でちゃんと大将に聞いたら、
「ラムのガーリック味噌マリネ焼きです。」
と。よかった、ラムまではあってた。
f0239329_19474325.jpg

こちらは、写真ではわかりにくいけど、非常に珍しい赤いこんにゃくを巻いた焼き物。なかなか独特の味わい。通が好きなかんじかしら。
アサイ大将の焼鳥は、九州のスタイル。いろいろ知らないことが多くて、いつも新鮮。
f0239329_1947439.jpg

こちらは、食べてから何か当てるというクイズ付き、サービスで出していただいた一皿。
お肉かな?焼いてるとこを遠目にみてたけど、めっちゃ火が上がってた!
と思ったら、、、
「大トロ血合いの炙りポン酢ソース」
あんまりたくさん取れる部位じゃないからメニューにはなってないんですって。
ぜぜぜ、絶品でした。
f0239329_19474540.jpg


で、

デザートは、アンドレさんのじゃなくて、でもジューシーな日本のくだもの。
が、かわいい九谷焼の小皿に出て来て、アラフォー女子の心を最後に鷲掴みでした。
f0239329_19474697.jpg

f0239329_19474745.jpg

f0239329_19474766.jpg

日本の焼き物や、塗り物ホントすてき。



Bincho
78 Moh Guan Terrace
#01-19 Singapore 162078
Tel: 6438-4567
http://www.bincho.com.sg


またBinchoの記事?と思った方もそうでない方も、よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-28 13:37 | レストラン

恐妻家がゆく vol.1

しばらく前に、運転中のだんなさんが、ぼそりと、

「キョウサイカって何?」

と、聞いてきました。
出たよ、大体そんな話をだんなさんに吹き込むのは、八割がた商社の人。。。
(すみません、商社の方にもちろん悪気はありません。しかも、ホントにだんなさんは恐妻家かもしれないから、しかたがない。)

一応だんなさんには 恐妻家とは、

「協力的な奥さんを持つオットのこと」

よ、と、言っておきました。したらば、腑に落ちない顔で見られてしまいました。(意味知ってるならワザワザ聞かないでよね。)

その恐妻家の旦那さんは、半年近い期間わりとちゃんとしたヒゲを生やしていたのですが、つい最近きれいさっぱり剃り落としたのです。

が、、、
わたくし全く気がつかなかった^ ^

数日間、しばらく顔を見るたびに、なにやらニヤニヤニヤついているから、

「???」(なんかいいコトあったの?帰宅中にかわいいコにウインクされた?とか?)

数秒後、やっと保毛尾田保毛男さんよろしく、きれいさっぱり剃り上げたお顔に気付き、「あら☆そったのねっ!」とオーバーリアクションして差し上げました。その昔、髪型を変えても全く気付いてくれなかった旦那さんにたいそう腹を立てた自分を恥じました。

でもね、

一緒にいると気づかないもんです。
20年も一緒にいたら、男の人はオンナの人より老いが顕著に表れないから、そんなにチェックだってしないし、マジマジと顔なんてガン見しないもんです。

昔は気付いてくれない彼に腹を立てたコトもあったけど、今はもろもろスルーしてほしい、ワタクシはそんなお年頃。

それにしても、日本語にはなんと旦那さん中心なコトバが多いことか。
特にフェミニストなわけじゃないけど、それが日本の文化なんだろうな、と、感じて受け止める、そんな今日このごろです。
f0239329_9241136.jpg




Wiki先生に、恐妻家=愛妻家って書いてあったけど、このページには問題がありますって書いてあった。何が問題なんだろう。。。気になる。
よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-23 09:34 | 人生

紅茶好きな方へ〜 Grace Piece Tea

そもそも紅茶のコトを知らなすぎました。

10月16,17,18日とSuntecで開催されていたOishii Japanにて、出品されていた会社の代表の方々にIPPIN CAFE BARでお会いしました。

(9月よりこちらIPPIN Cafe Barにて、カフェメニューアドバイスや、メニュー開発のお手伝いをさせていただいております。)

Grace Piece Tea (グレースピースティー)というお茶を初めて紹介されたのは今年の7月。その時からブログで書きたい!と思っていたのですが、社長さんからお話を聞いてからでよかったです。
f0239329_17202774.jpg



女性誌にも取り上げられ、主要デパートなどでも取り扱われているこの最高級茶葉を使用したダージリンティー。

まず封を開けるとむせる程のマスカットの香りがします。(ダージリン特有なんですって)でも、フレーバーティーではない、、、。
インドはダージリン地方、標高2000メートル強の丘陵地、ヒマラヤ山脈の低地に
育つダージリン茶葉。

(アッサムティーはミルクを入れたり、砂糖を入れたりと味を足して飲んだりが多いけれど、ダージリンはより高級で繊細、Black Teaで提供するのが通常です。)

そのダージリン茶葉の中でも、
SFTGFOP (世界基準)
スペシャル ファイネスト ティッピー ゴールデン フラワリー オレンジ ペコ
と、厳選された上級フルリーフのみを使用。
f0239329_17202979.jpg
(画像はお借りしました。1番小さいのが1番上等)
f0239329_17203062.jpg
(画像はお借りしました。葉っぱの採れる場所の名称)

でも、、、ナゼ富山で?ダージリン?

と、社長さんのお話を聞きながら頭の中を疑問がぐるぐる。

富山県立山はネパールの友好都市だそうです。ひと昔前に富山県で硬水の伏流水を使った地ビール開発が行われました。。その時に培った発酵技術を、ネパール人を介して輸入した最高級茶葉の発酵に使った、そうしたら最高に香り豊かなダージリンティーが出来上がった、

と、いう流れだそうです。

f0239329_17203113.jpg

f0239329_17203290.jpg

f0239329_17203438.jpg

こちらのダージリンティー、
IPPIN Cafe Barでお出ししています。
(販売もしています。)

通常一杯分180-200mlで茶葉3gが世界基準ですが、Grace Piece Teaは、吸水率浸透率がいいので、茶葉も少なめ1.5-2gで200mlくらい。

抽出時間も1分。(標準は3分)

お水は、5分くらい塩素やカルキを飛ばした水道水が1番いいそうです。(これは2人お茶屋さんの社長さんにお会いしましたが、お二人とも口を揃えて同じコトをおっしゃってました。)(緑茶や煎茶の場合は、温度が高すぎると苦味がまします。)

谷口社長自らお茶を入れてくださいました。(アイスティーの入れ方を教わる)
f0239329_17203533.jpg

そして、ホット。
f0239329_17203679.jpg

f0239329_17203793.jpg

目をつぶって、感覚を研ぎ澄ませて呑む。。。。わたしに高貴な味がわかるか、、、、

いろいろホントに勉強になりました。
みなさまにも是非トライしていただきたいです。

Grace Piece Tea (Regular) $8.00
Grace Piece Tea (Premium) $10.00

社長は、シンプルなシフォンケーキとよく合うということで、、、シフォンケーキなど、日替わりスイーツ(数限定)をお作りしてIPPIN Cafe Barでお待ちしております。

IPPIN Cafe Bar
18 Mohamed Sultan Road
#01-01 Singapore 238967
https://m.facebook.com/ippincafebarms18?_rdr

Open: 11:00am-7:00pm
Closed on: Saturdays, Sundays and Public Holidays


煎茶派のあなたも、コーヒー派のあなたも、紅茶派のあなたもよかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-21 07:08 | IPPIN CAFE BAR

おいしい珈琲とおいしいパン

暑くもなく寒くもない完璧な気温の東京の朝、おいしい珈琲をいただきました。

仲良しのお友達から軽井沢発の丸山珈琲が西麻布に出来たという話を聞いてから、行きたくて、長男に寝てる人達をまかせて、ある朝珈琲を買いに走りました。
f0239329_7244876.jpg

外苑西通りに面しています。
朝7時からオープン。7:30amごろ到着。

店内は天井が高く広々、まだお客さんもあまりおらず、得した気分。

持ち帰り用に酸味も控えめ、苦味も控えめの深煎りブレンドというのを入れていただきました。
(店内)
f0239329_7244915.jpg

f0239329_7245092.jpg

お時間四分少々かかりますと、お声掛けいただき、(うんうん、ホームページでフレンチプレスで入れると四分かかると書いてあった、)と納得。

フレンチプレンジャーといえばわたしが長年愛用していたコーヒーの入れ方。あまりプレンジャーで入れる人はいないからいつも肩身の狭い想いをしてきたけど、なんだか肯定されたみたいで妙に嬉しかったな。
(手前上段にあるポットのようなのが、フレンチプレンジャー)
f0239329_7245015.jpg

フードのメニューは見る暇もなく会計しようとしたけど、やっぱり気になって、ちょっと覗くと大好きな"ギャレットブルトンヌ"が。。。
それを一つだけ買いました。

フレンチプレンジャー用の中挽きの豆を観察。自分家のミルではこんなうまいコトいかないんだよな、、、。
f0239329_7245153.jpg

なんかね、要所要所に日本テイストが盛り込まれていてステキでした。
f0239329_7245251.jpg

(うーん、床にもお金かかっている、)
f0239329_7245351.jpg

外注のガレットブルトンヌは、、、わりと普通でした。やはり、東京で暮らしていたときに、マンションのお隣さんが作ってくださったガレットブルトンヌが今まで食べたのの中で1番美味しい。出来立てが成せる技以上の逸品だったような気がします。
f0239329_7245325.jpg


さて、ソソクサと丸山珈琲を後にして、広尾駅方面に100数十メートル程闊歩しますと、道を挟んでこれまた軽井沢発、SAWAMURAというパン屋さんがあります。
こちらも前回の東京滞在中から行きたかった所。
f0239329_724543.jpg

店内入ってまず、
「ああ、シンガポールのパン屋さん事情は5年前に比べてチョイスも増えて格段によくなったと思っていたけど、その間も日本のパン屋さんもゆっくりとでも確実に成長しているんだな、、、。」と、妙に胸が熱くなりました。
f0239329_7245555.jpg

f0239329_7245661.jpg

f0239329_7245774.jpg

こんな風に剥き出しで陳列されているってことは、よく売れて乾いてしまう前にどんどん新しいパンを補充している証拠。(だと思う)
f0239329_7245813.jpg

f0239329_7245836.jpg

f0239329_7245950.jpg

伝統的な形や縛りに囚われない、自由さと遊びが、パンからなんだか感じられる気がします。イタリアとかフランスとか頑固そうで、このパンやお菓子はこの形じゃなきゃいけない、とかパスタはこのパスタにはこのソースじゃなきゃいけない、とか、あるじゃないですか。そーゆーのがあまりないような気がしました。
経営者と作り手と売る人達がなんか尊重しあってる感じ?そんな感じが陳列されてるパンを見て感じました。(へん?ワタシ??)
食事パンがおいしいよ、と、言われてきたけど、三つだけ直感で選んで、お試しでカプチーノも買って帰宅。
f0239329_725059.jpg

後ろ髪ひかれて、外からも撮影。。。
f0239329_725124.jpg

パンプキンとアプリコットのキューブパンと、コンプレと、クリームパン。
f0239329_725235.jpg

f0239329_725374.jpg

カボチャもぎっしり!
f0239329_725323.jpg

どれもホントにちゃんとおいしくて、、、心から食欲の秋を感じました。

丸山珈琲西麻布店

東京都港区西麻布3-13-3
東京メトロ日比谷線 広尾駅(出口3)から徒歩8分
7:00〜21:00
無休

うーん、こちら今度はタパスにも挑戦したい。

Sawamura Bread & Tapas

東京都港区南麻布5-1-6
ラ・サッカイア南麻布1・2F
TEL/03-5421-8686
アクセス
東京メトロ日比谷線 広尾駅3番出口より徒歩5分
営業時間
1F ベーカリー 7:00~22:00

2F レストラン
モーニング 7:00~10:00LO
ランチ 11:00~16:00LO
ディナー 17:00~3:30LO
(日曜、祝日のみ22:00LO)


ごはんもいいけど、パンがやっぱり好きな方もそうでない方もよかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-19 08:02 | レストラン

おしりを叩かれる

小学校三年生の時に、「サンフィッシュ」というスイミングスクールにひと夏だけ通いました。
画像はお借りしました。
f0239329_23305844.jpg

そのスイミングスクールでは、他のスイミングスクールがそうであるように、どんどん泳いで慣れる、泳ぎこんでスタミナをつける、そんなスタイルの練習法を取り入れていました。

コーチもプールに入り、泳いでくるスイマー達の細かいフォームを流れに沿って直す、そんな指導方法でした。その中で、クロールの練習中に、自分が手を前に伸ばすときに、コーチが手をぐっと引っ張って前へ導き、カラダ全体が自分の力以上に、前に進む、あたかも自分が急にぐいぐい前に進めているような体感をしました。

そんな感覚をカラダで感じることで、その感覚に、今度は自分のチカラだけで近づく、そんな風に力を伸ばすのだ、、、というようなことを言われたような記憶が残っています。

**********************

また、中学生のころ、部活で、昭和なトレーニングをよくやりました。
お腹に自転車の車輪のチューブ(空気が抜けたもの)をくくり、後ろにそれをしっかりと体重をかけて持つ人がいて、自分は負荷をかけられながら走りこむ。(というよりも負荷が重すぎて、足踏みに近い) 数秒後に、そのままチューブから抜け出て前傾になりながら走り抜ける、そんな練習でした。
これも、負荷がかかっている状態から急に抜けることで、急にスピードが出る、イコール、普段以上のパワーが出せているような感覚に陥り、より早く走るとは、こんな感覚なのか、と、体感できるわけです。体感することで、目指すカラダの動きや、傾き具合、などを身をもって味わう、というそんな暗示練習法なんだと思います。

***********************

つい先日、それに近い感覚に陥りました。

この方とは、17年くらいのお付き合いになります。ですが、特に仲良くしていただいているのはここ数年。それまで彼女は、外資系金融でバリバリ第一線で活躍、しかもアジア統括するような立場で多忙の中の多忙を生きてきた方です。そんな役職についていたころ、「わたしの周りにはわたしの前に立って、道をどんどん切り開いていってくれる人がいてほしいし、そういう人を採用してるわ、、、」とはっきりおっしゃっていました。要は、かなりギラギラしていたってことです。「すごいな」通り越して「すげーな、、、」という感じでした。

その後、彼女は、

あっという間に早期退職され、ハーバード大学院に入学そして卒業、そしてシンガポールを人生二度目の拠点にされました。現在は、特にアジアにおける人身売買問題に力を注いでらっしゃいます。
彼女にフーヒップのことで何度も相談にのってもらいました。

最近、ついに、シンガポールはマリーナからほど近いセントジョーンズ島で、修行をされ、悟りの境地に立たれたもようです。顔つきおだやか、なのに開眼ぐあいが半端なかったです。

その彼女から、
「あなたいいじゃない、もっとできるから、がんばりなさい、これもやったらいい、あれもやったらいい、きっとできるからおやりなさい。」と、背中を押されました、、、。ん?神の声?背中をおされてる?近い将来の自分の姿をビジョンで見せられているような感覚?(うまく説明できないんですけど、そんな感じ。)

人にはいろいろなしがらみがあり、障害があり、ハードルがあり、でもそれ全部を汲み取ってアドバイスをするなんてことは、中々上手にできるものではありません。ならば、そのしがらみ達はのちにどうにか解決することにして、誰かの背中を押す、又は、誰かに背中を押されるコトは(最近のワタシは避けがちでしたが、)とても大事なことだなと思いました。

お尻叩かれて育った昭和世代、大人になっても叱咤激励されることは効果的。ま、叩いてくれる人にもよるんでしょうが。。。
やりたいことが出来ている自分を妄想する、妄想することを助けてもらうということは、その目標に近づくことなのかな、と、そう、ぼや〜っと思います。

女心と秋の空、、、。

で、ないことを願います。
f0239329_23324987.jpg



よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-14 17:11 | 人生

ヘアサロン「COVO」へ

なおちゃんからご担当者さまをご紹介いただき、話題のヘアサロン、

「COVO」

へ、お邪魔してまいりました。
髪を切ったりセットしたりしにきませんか?とお声掛けいただきました。
ありがとうございます。(カットモデルでないところが、ミソでございます。)

さて、今回わたしの方から、一点だけお願いをしました。それは、
「特別扱いしないで、みなさん「素」のままでいてください。」
と。

至れり尽くせりしていただくのはそれはそれはとても嬉しいのですが、ブログで書く時、特にヘアサロンに関しては慎重、、になります。

やや緊張しながら、到着入店。

f0239329_22272447.jpg

Potato Headの目の前!
すごい立地です!
んでもって、ローカルっぽい人が通る人通る人みんな、お店の前のポスターをじっくり眺めていく、、、。特に若い子。日本のXXXに興味あるのね。

お店に入ると、やや緊張した空気が、、、。むむむ、スタッフのみなさん若そう、、、。ま、そりゃそうか。東京でサロン行ってもみんな最近は若い子ばかりだものね。

日本語でカルテに記入、この日ワタシはRYUさんにご担当いただくことになりました。
(間接照明、空間正面がふんだんに施された明るい店内)
f0239329_222724100.jpg

RYUさんは、シンガポールに来る前バンクーバーで美容師をされていて、、、硬派でした。なんかね、わたし大抵若い男性苦手なんです。けどね、RYUさん、ワタシのようなガチガチ隙のないオンナともちゃんと会話ができて、ホントによい方でした。(あ、会話が普段うまくいかなかったりするのは、ワタシに非があるんですけどね。)

まず、カウンセリング。
リタッチとカットをお願いしていましたが、明るすぎる痛みが隠しきれない髪をどうするか、悩んでいると相談。

******
前々からカラー診断をしてくれたフーちゃんに、「髪の色が合ってないやもしれない件」をやんわり進言され、やや悩んでいました。
*******

思い切って少し暗めに、、、んでもって、毛先は明るさを残すグラデーションにするのはどうか、と提案してもらいました。
で、カットはまだもう少し長いままにしたいけれど、痛みがヒドイので、4-5cmのカットをしていただくことに。

カラー剤もしみず、GLAYもすっかり染まったようなので、そのままコームして、グラデーション効果を出します。

シャンプー台。
f0239329_22272516.jpg

足を乗せる台があり、完全にフラットに寝る姿勢に。。。
ヤバイっ!と思った瞬間には眠りに落ちていました。す、すみません。でも貴重なパワーナップタイム、ありがとうございました。

レイヤーは入れずに、カット。重たいところだけ少し軽くしていただきました。

髪の痛みの原因は理解しているつもりでしたが、やはりキチンとブロードライしないといけないなあと、実感。

短時間で乾かすようにしてください、、、とRYUさん、
ドライヤーダブル使用!!
f0239329_22272529.jpg

こんな技初めて見ました。

金曜の夜、これからダンナさんとお茶します、、、ということで、控えめにセット。(でも帰宅したらダンナさんは寝落ちしてたという、、、(T_T))
f0239329_2227263.jpg

f0239329_22272649.jpg

硬派なRYUさん、ありがとうございました。
f0239329_22272719.jpg

日本人のスタッフが6人もいらっしゃるこのサロン、「COVO」。かわいいお二人を説得して、写真に入ってもらいました。わたしには、第六感も霊感も気もわかりませんが、このお店は、華美でもゴージャス、な感じでもないのですが、とても居心地がよかった。お店のスタッフの方々が仲良しな感じなのもワタシにとってはすごーく大きなポイント。

どうゲストをもてなすか、、、をわりと真面目にいつも考えているワタシにとって、とてもよい勉強にもなりました。
f0239329_22272829.jpg


しかし、、、、いいなー、若いって。


hair salon
COVO
43 Keong Saik Road
Tel: +65 6221 4585
http://covosg.com
https://www.facebook.com/CovoSingapore

RYUさんは、COVO新店舗、11/1オープン予定のTanjong Pagar店を任されることになるそうです⭐️



よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-12 22:27 | 美容

整理収納アドバイザー2級を受ける

f0239329_049312.jpg


アドバイザーといっても、誰かにアドバイスする仕事をしたいから、、、というわけではありません。

とにかく、どんどん成長する子供たちのものの整理や整頓そして収納、捨てられない夫婦の山のようなもの達と今後どうやって付き合っていったらよいのか、答えを出すきっかけが欲しかったのだと思います。
******************
今考えればこの整理収納術、、、頭の中のファイリング及び、自分の口から入るものの整理、どう不必要なものを省くか、、、という発想の転換にもつながるのかな、、、なんて、思えてきました。
*******************
ユッキーさんのブログで拝見して、迷わず即申し込みしていました。

で、ですね。

講座が、講師の先生がとても穏やかで、(初日の先生は、シンガポールなのに、お着物をお召しだったんです!なんとインパクトの強いことでしょう!着物は品のよい派手でないものだったのですが、先生の心意気に先ずノックアウト。) なんだか暖かい気持ちで、これから整理収納に取り組んで行けそうです。

海外での整理収納アドバイザー2級認定講座は始めてとおっしゃる札幌で活動されるお二人の先生(桑野まゆみ講師と萩中留美子講師)。普段は、ご年配の生徒さんが多いと伺いました。だからなのか、、、ものごしやわらかで、講義のペースというか、お話の仕方が本当にわかりやすい。なんだか、がんばれそうな気分になるんです。

なんか、ヤラセ風な、文面ですかね?興奮して鼻息荒いのわかります?

というわけで、ワタシはキャラ的にときめき法は使えないのですが、じわじわと家中の整理を始めていきたいと思います。(ダンナさんが後ずさりする姿さえも目に浮かびます、、、ひひひ。)

そして、、、

この講座で、ずーっとずーっとお会いしてみたかった方に偶然にも出会えた、、、これもこの講座を受けられてよかった、良い気分になれたもう一つの大きな理由だったな〜と、改めて感じます。会いたい会いたい、、、と念じ過ぎでしょうか(*_*)




おまけ、、、

ワタシが仮に奇跡的に整理収納アドバイザー1級認定講座を受け、奇跡的に合格したとしても、、、
ダールさんの整理収納術にはとーてーもー、、、かなわない。
これだけは、言えます。

彼女は、爪隠し過ぎだわ。



よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-11 18:19 | 生活

アンリ・シャルパンティエ Henri Charpentier

f0239329_1325329.jpg

アンリといえば、フィナンシェでしょうか、それとも美しいケーキたちでしょうか。

「アンリ・シャルパンティエ」は初めてクレープシュゼットを作られた方のお名前で、その方は1800年代の方だとのこと。それを創業者の蟻田氏が神戸より芦屋に持ち込まれ、アンリ・シャルパンティエが創業したのが1969年。なんてステキに欧(米)化された世界が芦屋には存在していたんでしょう。

今現在、アンリのデザートがいただける店舗は4店舗。

1)芦屋本店
2)銀座店
3)日本橋高島屋店
そして、、、
4)シンガポール店!

さらにシンガポール店ではアンリ・シャルパンティエ初、フードも提供される。。。
(芦屋本店でのみ、クロックムッシュ、クロックマダム、あとスープも提供されているそうです。)

発案の時点からシンガポール店開業に携わった方からお誘いを受け、試食会にお邪魔してまいりました。
緑生い茂るデンプシーヒルの奥。ピンクのさし色が目印です。(お店まで階段をたくさん下ります。ベビーカーだとかなり辛いかもです。)
f0239329_1581032.jpg

優雅なティータイムを約束してくれそうなインテリア。
f0239329_243836.jpg

f0239329_285575.jpg

雨だったこの日、それでもこれだけ明るいんです。

Café Smoothie
美味しいけれど、りっぱなグラスで飲みきれないほど。
f0239329_3543217.jpg

フードはストアマネージャーに見繕っていただきました。

Financier Sale
塩気のあるフィナンシェに、ヘーゼルナッツと生ハム、アスパラガスが。これ、わたし結構好きでした。(パンケーキもちょっと塩味がある方が好き)
f0239329_3543398.jpg

Lasagne Bolognese ラザーニャ
安心の味。子供にもきっと受けがいいはず!サラダにも上品なドレッシングがかかっています。
f0239329_3543449.jpg

そして、、、作っていただきました、クレープシュゼット。プレーンなもの。
Crépe Suzette
作ってくださる方もかわいい方で、心踊ります。
f0239329_3543582.jpg

グランマニエに火が灯る^ ^
f0239329_354368.jpg

これは、モタモタしていないで、サービスされたらすぐに温かいうちに食べないとっ!です。
f0239329_3543789.jpg

New Interpretation of Tarte Tatin
変わりタルトタタン
間違いのない、お味。お見事です。
f0239329_3543828.jpg

そして、、、王道。
f0239329_3543922.jpg

*この他、モンブランも、ミルクレープも、レモンタルトも、ミルフィーユも(特にミルフィーユ❤️)美味しかった。
写真復活したらまた載せます!

個人的に次回はDome(ドーム)に挑戦してみたい!

自分だけいい想いをして、、、プチ罪悪感から、お持ち帰りを購入、、、こんな流れでしょうか。
f0239329_3544065.jpg


本日2014/10/9オープンです。

まだまだ慣れない部分もたくさんあるようです。当たり前だけど。フードは異国の地なのに初だし、スタッフの方々ももしかしたら、まだ足りていないのかも。。。
どうか、温かい目で見守って差し上げてください。

末長く、クオリティの高いスイーツがここシンガポールで食べ続けられるように願ってやみません。

Henri Charpentier
Dempsey Hill Shop

9A Dempsey Road
Singapore 247698
Tel: +65 6479 5518

Open Daily: 11:00am-10:00pm

ご一緒させていただいた、
アカバネーゼさんの記事
ヒューこちゃんの記事
は、↑こちらです!

海外に進出する日本の会社をサポート。よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-09 02:43 | スイーツ