ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

イタリアの師匠

人生には師匠と呼ばずにはいられない人が誰にでもいるものです。(ま、俺様が「巨匠」というかたもいますが…)

わたしにも、教祖様のように崇めている人が何人かいて、その内の1人はイタリア、トスカーナに住んでいます。
f0239329_1016519.jpg

師匠は、料理人で、三人の子供の父親であり、そして、人生を楽しむ術を表裏知り得た人です。

わたしが密かに老後生活を夢見るトスカーナには、2011年の秋に彼がガイド件クッキングクラスのシェフをつとめる料理旅行(Culinary Tour)に参加したのをはじめに、今年で四度目の滞在になります。
f0239329_1016091.jpg

彼は、シエナの三ツ星レストランで、修行され、のちにシンガポールに越し、またトスカーナに舞い戻り、いろいろ楽しいことを企んでいるようです。
f0239329_101627.jpg

彼に、面倒くさく、労力を必要とし、プレッシャーの多いイベントを何故やるか?と聞くと、必ず、
"Because it's fun!?"
と、返答が返ってきます。
その姿勢が好きです。

シンガポールに彼が住んでいるときは、何度もホームパーティに呼んでいただき、呼んでいただいた数だけわたしも必死にお招きし、、、めしたきをしました。デザートに合格点をもらえることが何度かあり、中でもイタリアを代表するティラミスが気に入ったとのこと。最近になって、

「TVクルーが撮影するショートビデオでレシピ使わせてくれない?」

と言われ、わたしました。それから数週間沈黙…返事さえありませんでしたが、突然FBでアップがありました。
Ankhura Tiramisu https://www.facebook.com/photo.php?v=171194453034039
(万が一不具合が生じたり、Ankhura側が動画を削除したり、ご覧いただけない場合は、申し訳ありません。ご了承くださいますよう、お願いいたします。)

7月3日のマカロンクラスを最後にお休みをいただき、8月半ばからまたお教室を再開いたします。

8月中はイタリア帰り、イタリアがらみのメニューを予定しています。

メニューは明日アップします。
お教室への受付も明日になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

近くの温泉町
f0239329_1016319.jpg

足湯
f0239329_1016494.jpg



注 やる気がないわけではありません。






(おまけ)
f0239329_10161889.jpg





Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-30 01:24 | 人生

ラデュレのマカロンレシピ

先月、東京在住の大の仲良し、セレブミセス代表のえがちゃんに天下のラデュレマカロンレシピをもらいました。写真をみてるだけで、パステルカラーに癒され(私が選ばない高貴なロイヤルカラ〜?)レシピはなにやら行程も多くて大変そうです。
(写真ラデュレの本より)
f0239329_8505362.jpg



ラデュレのお店は四月あたりにシンガポールにもオープンしたようですが、混んでる!と聞いたのでお店には出向いたことはありませんでした。が、先日ラッキーなことにマーレーくんのママにたくさん入ったマカロンをいただきました。ひゃ〜〜♡ お宝ありがとう♡ございます!
カラフルで、見た目かわいい、味も王道です。
f0239329_8505575.jpg

味でいえば、同じく髙島屋のPaulのマカロンもかなり美味しくてびっくりしました。(わたし的には、Paul=パンの店だったので…)柚子のかおりと、ラズベリー味。ケーキセットについてきました。
f0239329_8505874.jpg


最近仲良しのハジちゃんがヨガ修行に出掛けなかなか会えないので、おしかけて修行先の髙島屋に行ったついでについにラデュレのお店に足をふみいれました。
店内わたしのみ。(開店直後だったからだと思います。)恥ずかしいので、鏡ごしにパシャ。
f0239329_8505986.jpg

お友達へのお誕生日プレゼントを購入して、「ギフト」と二度言ったのに、袋に入れてくださっただけだったので、リボンつけて、とせがむと、激的に小さなリボンをつけてくださいました。
f0239329_851093.jpg


ギフトなどを買って購買意欲がみたされ、気分ももりあがったので、マカロンを久しぶりに焼く気になりました。新しいラデュレのレシピを睨みつけ、良さそうなところだけつまみぐい。(ラデュレのレシピはやはりフレンチメレンゲでした。砂糖の量がやや多かったです。)
マカロンは時間に余裕があり、気が散る材料がまわりになければ、うまくいきます。(おおかた。)ボーイズがいない今、タイミングよし。
f0239329_851182.jpg

ここ数日PSI数値が安定してるけれど、念のため窓を締め切り、ずっとエアコンかけているので、パン作りには適していませんが、マカロンの乾燥にはよいです。
f0239329_851232.jpg

f0239329_851417.jpg

ヴァローナのダークチョコレートガナッシュに、オーガニックオレンジゼストをちらし、トドメにキャラメルソースをハサミました。一つ試食して、「もっとチョコ!」と思ったので急遽チョコ倍量に。
f0239329_851594.jpg

f0239329_851631.jpg

その夜フォカッチャの教室があったので、きてくださった方に無理矢理振る舞いました。かざりのラメは、食用のちゃんとしたラメです。(ざわざわヒソヒソと、「これ?アイシャドー?!」)と混乱をまねいておりました。7/3(水)のマカロン教室では、ラデュレの金箔まではつけられませんが、せめてこの食用ラメをつけて、女子力あげていきたいです♡
f0239329_851731.jpg


長くなってしまいました。ダールさんにしかられそうです。。






(おまけ)
キティの襲来!!
f0239329_851991.jpg









Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-29 08:51 | スイーツ

オープンハウスイベントをしました。

先月、ボランティアで販売のお手伝いをしているフーヒップ(phu hiep)のオープンハウスイベントをしました。
f0239329_10543425.jpg


オープンハウスと言っても参加表明をしてくださるお友達がたくさんいて、混乱をまねいてはいけないと思い、登録式にして、150名くらいになったときに、腰が引けてきて、「この辺で締め切らせていただきます…」と黒い顔がくすみ、くまもでて、自分で自分に、

「おまえ、大丈夫か?」

と、問いかけたほどです。



今年2月と3月にも一緒にイベントをしたベトナム発信のオリジナルカゴバックがかわいいCHiCさん、狭い場所で取り合い、日本人の得意技です。(CHiCさん、狭くてごめんなさい。)
f0239329_105423100.jpg



子供服セレクトショップのCooさん、
など女子力アップアイテム満載のイベントでした。Cooのロンパースをお召しのオリコちゃんw 時代先取りです。
f0239329_10542457.jpg



午前の部と午後の部に分けて、合わせて170名近くのお客様にお越しいただきました。また、お手伝いしてくださった皆様、前日から準備など力をお借りしました。みなさま、本当にありがとうございます。お礼が遅くなりまして申し訳ありません。(本当にごめんなさい。)
f0239329_10542533.jpg



わたしはお茶菓子担当。12種、600点ほどのスイーツを血眼で用意。。計画性のなさにはつくづくへどが出ます。反省しても、反省しても、なかなか学習できません。どろなわ組のどろなわ班、班長、の、わたし。
マカロンも、失敗しました。大量の失敗マカロンも、
「これは、ヒビが入るタイプのマカロン、マカロン•ド•ナンシーというのw」
と、しれ〜っと聞かれてもいないのに解説し、お出ししました。m(_ _)m
f0239329_10542630.jpg

(パンナコッタ、ラズベリーソース)
f0239329_10542718.jpg




CHiCさんのカゴバック、スキをねらって買い足しました(*^_^*)料理教室でもたいへん重宝しています。まちが広く、軽くて、洗えます。最高。
f0239329_10542852.jpg



前回同様、看板犬を勤め上げてくれたスノーウィーちゃん。Poshを代表して、手作り石けんを販売してくれました。即完売。ありがとう(*^_^*)
f0239329_1054294.jpg

パンディは??彼女も腰ひけてます。。
f0239329_10543086.jpg





フーヒップのディスプレイ用には、ステキマダム代表のアカバネーゼさんに、大好きなソレイアードの端切れで、カルトナージュボックスを作っていただきましたm(_ _)m 。お忙しい中、無理なお願いに、二つ返事で快諾してくださり、ありがとうございます。
f0239329_10543177.jpg

f0239329_10543297.jpg



アラコさんのアイシングクッキーと、表情が絶妙なやぶにらみネコクッキー。アラコさんにはたくさんのスイーツを用意していただきました。子育てで多忙の中ありがとうございました。
f0239329_10543393.jpg



肝心のphu-hiepは、すっかり会計も事前の在庫チェックもお手伝いいただいたお友達におんぶに抱っこ。イベント終わり数日たってようやくどれだけたくさんの方にお買い求めいただいたか、分かり、改めて感謝。ありがとうございましたm(_ _)m

今ベトナム、フエにあるアトリエの運営強化中、職人になりたい子たちなどへのトレーニングなどにも力を入れているそうです。本人から積極的に働きたいと希望してくる子もいますし、フーヒップ運営側からコミュニティの状況をヒアリングする中で、働いてみないかと促してみる場合などいろいろです。

ひどい家庭環境の子たちも相変わらずいて、とにかく貧しい状況から抜け出せないわけなのですが、そういった子が自分の意志を持ってフーヒップの門を叩く、ということが最近増えています。

その子たちを受け入れられる体力が最近のフーヒップ運営側についてきたとのことです。
ご購入くださった皆様、またお手伝いしてくださった皆様のおかげです。
あたたかいご協力、サポート、ご理解に心より感謝します。
f0239329_10543584.jpg





どうかどうか次につながりますように。。




Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-27 14:23 | イベント

においの記憶

先日、仲良しのくびれちゃんのところにこりんちゃんと、エリーちゃんとアロマのお話を聞きに行きました。
f0239329_10385971.jpg

エリーちゃん作、イチジクのビスコッティ。深夜に食べても罪悪感ゼロ。
f0239329_10398100.jpg

こりんちゃん作、雑穀美魔女パン。
f0239329_1039952.jpg



アロマ初心者のわたし。
それぞれ職を持つ女子が集まったこともあり、くびれちゃんが気をきかせて、コリが緩和する効能のあるアロマを用意してくれて、手に取り肩に塗りました。

「湿布の香り」が、しました。
手にとって塗ったから手に香りが残ります。その手をマスクをするように口と鼻をおおい、睡魔に誘われるがままに目を閉じます。(くびれちゃんが、息つく暇なく為になる話をしていてくれる間に目をつぶる、無礼なわたし。)
かすかな、シナモンの香りもして、湿布の匂いなのに、香りとかかずにはいられない心地よい香り。普段使われていない部分の脳が活動して、匂いを検証、答えをはじき出しているような気がしました。
「おばあちゃん」のにおいでした。リウマチをわずらっていたおばあちゃんは、湿布大臣。常に、湿布を貼っていて、常備していたと思います。(あれ?リウマチに湿布はおかしいか。。)
フラッシュバックに夢見心地。
f0239329_1039532.jpg

(↑こちら子供たちが悲しいからと嫌がって見ないエピソード)


6/17日あたり、ヘイズがひどくなりだした時に「何かを燃やしたときの臭い、でも不快でない匂いだな。」と、当初感じました。後に、ヘイズが身体にあたえる危害のことを知り、その臭いに対する認識は「悪い臭い」として、認識し直されたような気がします。

認識次第でもしかしたら体調への変化もあるのかな?とも思いました。長男が、学校で仕入れてきた、情報にやや怯え、ヘイズで人が死んでしまう〜と、頭が痛い〜っなどと騒いでいたので、一喝、

「あなたの身体はちょっとやそっとのコトでは、ダメにならないから、安心しなさい。まったく心配しなくていい、ただ先生が外で遊ぶなとおっしゃったらば、先生の指示にしたがいなさい!」

と、ピシャリといい放ちました。鬼母ここにあり。
今でこそ元気ですが、四歳までに、肺炎二回、気管支炎にも数回なり、旅行のたびに、念のためジスロマックという強めの薬を持ち歩くほど、ドキドキしていたころもあったのです。

でも、今回マスクも面倒くさがってロクにせずとも、不調を訴えることなく乗り切りました。
なーんて、10年後くらいに、あの時のヘイズ時に、シンガポールにいた人の健康被害がうんちゃらかんちゃらと後に言われたりして。。今心配してもしかたのないことは、心配しない。心配しない。

話がそれましたが、
このヘイズの臭いを子供たちが、大人になったときに嗅ぐことが、あれば、それはまぎれもなく、一瞬にして、
「あ、ヘイズ!」
と、匂いの引き出しから呼び覚まされるのだろうな〜と、ぼんやり妄想しました。

ぼんやりし過ぎて、この日は、ムスメがリクエストしたプリンに、「す」がはいる、というポカをやらかしてしまいました。アメプリン、ムスメ作。
(プリンの上に生クリーム、生クリームの上にTicTacをかざったシロモノ)
f0239329_1039232.jpg





Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-27 07:42 | 子育て

アーティストつながり

わたしには、弟がいます。

村山悟郎といいます。
一般的には、「アーティスト」と呼ばれています。

アーティストにはアーティストの友達、先輩、後輩がいるものです。

そして、弟のお友達は芸大からシンガポールに、

「いいんじゃない?めし美味いし、、、」


と、弟からゆるめのシンガポールの説明を受けて、LaSalle(ラ・サール)というアートスクールに現在留学中です。(もちろんそのお友達はきちんとご自身でリサーチされ、留学先を決断されたと思います。)

そのお友達は「Kenichiro Fukumoto」さんといい、先日、グループ展のオープニングパーティーにご招待いただき、行ってまいりました。
Fukumotoさん(通称日本ではふくちゃん、シンガポールではケンケン。)は、弟の後輩なので、つい、弟と同じ待遇、彼の前では恐い姉を演じてしまいそうになります。あぶないあぶない。

ふくちゃんの画は観ているとなぜか気持ちが明るくなります。わたしにアートはわかりませんが、どうやら明るい色彩のせいだけではないようです。
それは、お友達の崇高なキュレーターの方も同じようにおっしゃっていました。
また、わたしが、

「この人もしかしたら、エスパーかも…。」

と日々淡い疑いをかけている仲のよいお友達、ハジちゃんも、ふくちゃんの画を大変気に入り、キズキで開催された個展のときに購入。一目惚れだったそうです。
f0239329_971031.jpg


ご招待いただいた、グループ展は、日本大使館にほど近い、Nassim road入口(タングリンロード側からみて)にあり、緑にかこまれ、それは立派で美しい建物、Japan Creative Centreで開催しています。

廊下の照明に萌えます。
f0239329_971661.jpg

f0239329_971466.jpg

100%Smile

この画↓がほしいな〜と思って忙しそうにゲストの対応をされ、作品の説明をしているふくちゃん待ちをしているその瞬間、

「…はい、、四点のうち三点は、もう
購入してくださる方が決まってしまったんですょ…」

(げっ!完全に出遅れた!!)

手に入らないと、思うとさらに美しくみえてくるこちらの画。実際はいうまでもなくもっと美しい。。
f0239329_971716.jpg


f0239329_971957.jpg

グループ展のオーガナイズをされたふくちゃん、この任務は大変難しいものだそうです。(Japan Creative Centreの所長さん談)それぞれ、主張のある方々をまとめ、なだめ、すかし、出品されるかたを決め、展示される場所を決め、、、展示位置でもめるアーティストをなだめ、すかし、、、。なだめすかしスパイラル。
(わたしの勝手気ままな妄想ですので、実際にそんなバトルはないでしょう。)その間ご自身も制作に身を入れなければなりません。
f0239329_971923.jpg


ふくちゃん、次もとても楽しみにしています。(今度は出遅れないようにしなきゃ。。)






アートが身近なシンガポール。
バリアフリー。
それほど、しがらみのない世界。







会期: 6/14 - 6/29/2013
時間: 10:00-18:00
場所: 4 Nassim Road
Japan Creative Centre
http://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/







(おまけ)
めざすは色黒アイススケーター
f0239329_972352.jpg







Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-25 19:48 | アート

二年越しプロジェクト

わたしには、弟がおります。

三人おります。そのうちの1人は壁画を描く学生で、村山悟郎といいます。
http://goromurayama.com/

三年前にまだ、シンガポールに越して半年経たないころ、その弟を呼び寄せた上に、軟禁して、食べ物をたくさん食べさせ太らせて、壁画をかかせました。姉怖し。

軟禁中に、完成した壁に描かれた絵。
寿命のある画。
f0239329_7494932.jpg



その軟禁生活中に、ご近所の広告代理店の方から、

「今度ブギスで、アーティストの公開制作があるから弟くん、どう?やってくれないかな?」

と、面白そうな話を持ち込んでいただき、姉であるわたしが、

「もちろん、やるよね?」
と、軟禁中の弟に返事をせまる。
姉恐し、恐さメドゥーサ級。

めでたく、お話を受けることになり、
彼が指定したパネルの大きさ、

200cmX200cm

弟は、背が高く、189cm。
それにしても見上げるようなパネルが現地で、待っていました。
描いても描いても終わらない。
でも公開制作、その日に仕上げなければなりません。
苦労を横目に見にきてくれた、こりんちゃんとあおちゃんと美味しいセレブランチを食べに行き、弟にはビーフンを持ち帰る、鬼ぶり。
f0239329_7495020.jpg


f0239329_7495145.jpg

夜八時半、周りが暗くなり見物人もいなくなるころ完成。制作時間約12時間。一週間の展示期間のち、イベント側が一年はこちらで、キープさせてほしいとのことで、一年後に、うちにデリバリーされてくるハズでした。

しかし、一年後。

200cmX200cmのパネル。

デカくて、エレベーターどころか、階段でも上げられず、
f0239329_7495266.jpg


やむなくパッキンして、一階に放置されたまま二年。。。

その間なんとか家まであげようと、ゲルマン魂燃やし吊るしあげようとしたり、オーナー会社と交渉したりトライするも、全てエラー。To do listの下の方に追いやられていました。

が、一念発起。

スーパームーンの夜、日の目をみた(月の目かな?)、公開制作作品。作成時間12時間。展示までに要した時間、約720日。

弟が指示したやり方に、ゲルマン魂を投入。ボーイスカウト万歳。

切り離したパネルから補強木材を取り外し、
f0239329_7494495.jpg

f0239329_7494558.jpg

梯子抑えがかりを仰せつかり、下から激写。上の人が女子高生ならいいのに♡
f0239329_7494660.jpg

f0239329_7494843.jpg

完成♡










(おまけ)
弟に憧れる9才の長男の作品。
説明なしではすでに理解できません。。
f0239329_7495317.jpg









Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-24 14:32 | アート

サムさんへ

わたし、あなたのこと初めて会ったときから実はあんまり得意じゃなかったの。

でも、急なことだったし、前のコ(あのフランス生まれのコね。)は具合、もう、よくならなさそうだったし、お世話してくれた、仕事熱心なレイモンドさんが、頑張って選んできてくれた人だから、NOとも言えず、うちに置いてあげることに決めたの。

三年も前のことかしら?
うちに到着した瞬間から働きはじめてくれたわね。毎日毎日三回くらいまわされて、酷使してしまったわね。ごめんなさい。でもね、働き始めて間も無くあなた、自分でちょっと「わたし、臭くない?」って疑問に思わなかった?最初は色も白かったのに、だんだん臭うし、グレーになってくるし、わたしも、なんとかしてあげなくちゃと、強い薬もあげたし、キレイになるようにいろいろ工夫したけど、ダメだった。

お医者さんにも見てもらったわよね。そしたら、
「薬を変えるしか方法はありませんね。。」
と。お医者さんもなんだかあなたには冷たかった。

実はわたし、あなたのうわさを聞いてしまったの。みんな口を揃えて、
「そうなの、あの子どこにいてもちょっと臭いのよ、やんなっちゃう。」って。
あなたに過失はないと思うのだけど、育ててくれたご両親はいったいどうしちゃったのかしら?責任は取れないなんて悲しいこと言うのよ。

一年くらい前からかしら、わたしあなたには申し訳ないのだけど、新しい人をこっそり探し始めていたの。本命は、ドイツのミーさんだったんだけど、ちょっとお給金はるし、仕事がのんびりなのが、たまにキズ。話は流れたってわけ。

でもまだあなたそれでも頑張って文句も言わず仕事してくれていたわよね。ありがとう。
そして、先月ぐらいからかしら、不調だったわよね。気付いていたの。隠そうとしてもダメ。二階の奥の部屋にいてもあなたの悲鳴聞こえてたのよ。

お医者さんに往診お願いして看てもらったけど、ヤブ医者だったのかしら。何も異常ないなんて。やんなっちゃう。あなたはあんな悲鳴をあげてるし、こっちは真剣だったのに。

とうとう、先週、あなた呼吸が止まってしまったの!!まさかヘイズのせいとは言わせないわよ!美人でもないのに、丸三年も経ってないのに、薄命すぎじゃない??

すぐにご両親を呼んだけど、息を吹き返させるためには、あなたを雇うことにしたときの1.5倍もお金がかかるといって、新しいコを雇うことを勧めてきたの。それでも親なの?!って怒鳴ってやりたかったわ。

でもね、わたし、あなたをやっぱり安らかに眠らせてあげることに決めたの。あなたもきっと一生分働いたわよね。ホントにありがとう、お疲れさま。あのときは辛くあたっちゃってごめんね。悪気はなかったの、許してね。

今日はさよなら記念日。

ここだけの話、あなた、巷で、1番安く売られてたの。ひどい話ね。
最後に、新しいコ、今日から働いてくれることになった、日本からきたパナちゃんを紹介するわね。パナちゃんはね、実はあなたの二倍以上の値がついていたわ。でも、なんだかわたし、彼女には期待してるの。だから五年分の保険までつけちゃった。悪く思わないでね。

このコがパナちゃんよ!






f0239329_1383971.jpg





みなさま、昨夜のスーパームーン、ご覧になりましたか?


満月にはご用心。。





Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-23 17:51 | 生活

Luke's oyster and bar と、子供旅

だんなさんばかりいいレストランに行ってズルいズルいと、年甲斐もなく不貞腐れていたら、ボーイズ(よい大人ね。)絶賛レストランを予約してくれました。
オイスターとステーキが美味しいお店。

Luke's oyster and bar
http://www.lukes.com.sg/oysterbar


クラブストリートの入口からちょっと入ったところにあり、少しわかりにくい。
天井が意外に高く、それほど広くないのに、インテリアがよく工夫されていて、鏡あり、空間証明あり、広くみえて、切り花ディスプレイもありステキでした。
f0239329_8355468.jpg


ふむふむ、男子が好きそうなのが、わかります。美しい人が多い。お客さんがお客さんをチェックし合う、視線がビシバシ飛び交うお店。

女子のオシャレ度も高し。そして、お金持ちそうな男子もしくはおじさまが傍らに。そして、オイスター。むむむ。

わたくしは、あまり牡蠣が得意ではないので、牡蠣屋さんのクラムチャウダーなら間違いないだろうと、スープと目玉メニューのテンダーロインに、大好物のフライドポテトを付けました。
f0239329_8355675.jpg

ヘイズのせいか、老眼のせいか、薄暗いからか、眠いからか、メニューがなかなかみえてきません…


f0239329_836436.jpg


プチコーンブレッド、竹トンボ付き。


f0239329_8355942.jpg

絶品クラムチャウダー(入れ物が食べづらく残念でしたが、パッと蓋をあけたときの香りが濃厚でした。それが狙いかな?)


f0239329_83601.jpg

ペッパーとパン粉が薄くついたステーキ、300g 骨付き、ミディアムレア。黒焦げに見えるかな?ペッパーギッシリ、三ミリくらい表面全て黒胡椒。中はちょうど良いピンク色でした。

f0239329_836252.jpg

ポテト〜(中までギッシリ、うつわはナフキンのみ、ただスパイスがたっぷり降ってあり、シビレ系)

f0239329_836369.jpg

だんなさんのオーダーしたクリームスピナッチ。濃厚クリーム。

全体的にクリームが入ったメニューはクリーム濃厚。スープも、濃厚で、美味しいけど、食いしん坊のわたくしが完食ならず。

次回があれば、、ポークチョップとプレーンタイプのポテトをお願いしようかと思いました。

久々に、写真を撮るのをはばかられるお店で、お店の雰囲気撮れず残念。。

ああ、ステーキといえば、
AUX BACCHANALESのステーキフリットが懐かしい。シンプルで、最高に美味しい。。。









(おまけ)

昨晩、上のボーイズ2人が夏休みに入り、一足先に実家へ旅立ちました。日本の小学校にお世話になります。
下の子は親なし搭乗初。SQのお姉さんが付き添ってくれます。情が深いお兄ちゃん、イミグレ過ぎても手を降り続けております。
いってらっしゃい。
f0239329_836636.jpg


感動のかけらもない、ムスメ、「マミ〜この顔撮って〜。」はいはい。
f0239329_836741.jpg



後でお友達に、「泣いた?」と聞かれ、「………全く何も感じなかった…」無感動の母娘。。チーン。






Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-21 23:20 | 食事

包丁のはなし

男の人に、刃物が好きな人が多いのでしょうか?

うちの旦那さんはやはり刃物好きであわよくば、
『日本刀とか欲しいな〜♡』と、思っているに違いありません。

17年くらい前に一緒に奈良に行ったときのお土産。包丁。重くて大きめなのですが、今も健在、優秀選手の1人です。
f0239329_11453195.jpg



今年に入って新しくハガネ包丁を買いたしました。(だんなさんの強い希望で)といっても、東京にいる母にみたてをお願いしました。
f0239329_11453271.jpg

f0239329_11453399.jpg

f0239329_11453462.jpg

この、「よく切れます、さびます、ハガネ」、シールが、レトロで結構気に入っていたのですが、『日本人はシール貼ったままにするの好き、でもわたしがまんできないっ』とだんなさんは言ってあっという間に剥がしてしまいました。残念。


昔は家に包丁やさんがやってきて(その方は中国帽をかぶっていて、『ひかりしょうかいです!!』と玄関でオクターブ高い声で元気にあいさつしてくださる方で、子供ながらに『ちょっと恐くて不思議な大人』と思っていました。)その包丁やさんが、研いでくれたり、新しいのを売ったりしてくださったものですが、今はその職人さんは歳をめされて国(中国ではない)に帰られたということです。

さて、包丁を頼まれた母は、どこからか、包丁の買える場所を聞いてきて、神保町へ出掛けていきました。一時間くらいかけてたどり着いたお店、シャッターも長いこと開いていない様子。。

商店街向かいにある古いメガネやさんに入って、その刃物屋さん情報を仕入れます。町内会の絆つよし。そして、その情報を提供してくれたメガネ屋のおばちゃんに、包丁屋のご主人が戻ったら連絡してあげるから、連絡先を〜といわれ、渡し、メガネ屋おばちゃん特製古漬までいただいて、帰路につきます。

すると、その晩律儀にメガネ屋さんから電話がかかってきて、包丁屋さんの電話番号を教えてくれたそうです。(ここで、古漬くれる間に包丁屋さんの電話番号くらいくれればいいのに…と思いましたが、楽しそうに話をする母の話のコシを折ってもかわいそうなので、スルー)

もらった番号に掛けてもすぐにFAXにきりかわるので、FAXにて包丁を見にいきたい旨を書き開店日を問いました。のちに電話がかかってきて、いよいよ二回目、神保町に出向きます。

現金ある程度持って出掛けたにも関わらず、計、上記MISONO包丁ニホンで

23625円

持ち合わせ現金
18500円

カード払い不可。

ご主人に二度も出向いてもらったし、とかなんとかで、持ち合わせ現金
18500円
にまけてもらいました。








下町人情は、今後継承されていくのでしょうか?








f0239329_1145359.jpg

ハガネの包丁はいいです。研げば怖いほどよく切れ、きっと一生使えます。
刃物好きのだんなさんはもちろんコツのいる研ぐ作業も上手です。



Vielen Dank!


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-20 06:57 | 生活

全てはヘイズのせい

PSI 321に達したシンガポール。史上最も悪い値です。

Pollution
Standardized
Index

こんな青空がもはや懐かしい。。
f0239329_141167.jpg


こんな夕焼けを拝みたい。。
f0239329_141483.jpg


締め切っているのになんだか家の中もモワッとうっすら曇っているよう。目が曇っているのでしょうか?

頭が働かないのも、眠いのも、喉がいたいのも、物覚えが悪いのも、旦那さんに対して機嫌が悪いのも、お菓子作りがうまいこといかないのは全てはヘイズのせい。

ということにして、明日には青い空が見えて、熱を出している全ての子供達が回復しますように。


Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-06-20 00:45 | 生活