ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

カテゴリ:人生( 21 )

奇跡よ起これ! - Make it happen!

f0239329_01142953.jpg

お誕生日にお友達からこのノートブックをいただきました。黄色だし、ノートブックに書いた願いが叶うと言われていて、これ以上今欲しい贈り物はないな、と目がグッと熱くなりました。

本来ならば、今日は月初め。
1月の料理教室のお知らせをアップするはずですが、、、残念ながら、1月はお教室をお休みさせていただきます。
というのも、悩んだ末しばらくの間実家のある東京にシフトすることにしました。子供達も一緒に。まあ家庭内の事情で、です。(一応夫婦不仲が原因、、、ではないです。ケンカも多いですがね。)

お知らせした通りポップアップショップは3月にまた開催したいと強く思っています。(Make it happenにかかなきゃ)
そして継続して来てくださっていたお教室の生徒さん達には本当に申し訳ないのですが、もしかしたら次回は2月、もしくは3月になってしまうかもしれません。が、どうぞ、再開の際には是非またご参加くださいますよう、お願いいたします。

丸六年過ごしたシンガポールの生活があまりにも濃厚で、楽しくて、もしかしたら浮世?夢?だったのか、、、とならないよう、1年くらいしたらまた帰ってこられるよう、願い事書きたいと思います。

さあ、本当にこの厄介な願い事が叶うのかな、、、Make it happenさん、そんなによくばらないからどうかよろしくね。





いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-12-01 00:42 | 人生

「ヨルタモリ」

最近はまっている「ヨルタモリ」という番組。
f0239329_17130627.jpg

宮沢りえさん司会でやっているタモリの冠番組、日曜日夜放映を、毎週楽しみにしています。タモリの多才ぶりが大いに拝めるこの番組内で、今の所タモリ扮する「筋一(スジ ハジメ)」がわたし的にはイチオシ。8月半ばに放送された福山雅治さんとリリーフランキーさんがゲスト出演している回にも、筋一さんがでていて、心から笑えるw。
(でもヨルタモリ、高視聴率なのに9月で打ち切りになるそうで、ホント残念。)
ヨルタモリ 福山雅治さんゲスト8/16/2015

その福山雅治さんが出ていた回での福山さん本人のエピソード、幼少期に言われた一言が多分に人生に影響している、、、というくだり、同感します。

1) はっきりとした根拠がなく発せられたコトバ。
2) 寡黙な人、でも自分が(子供自身が)潜在的にでも尊敬している人からのコトバ。
3) 幼少期〜中学に上がる前くらいに掛けられたコトバ。
追記4) 大人がその子供の前で大人に話している(それを子供が聞いている)状況であること。

この三つの条件をみたしていると、いわゆる「多分に影響がでる」という事態がおこるのでしょうか。1)は、そのコトバだけが浮き出ていて、理由とか枕言葉とかがない。2)は、なんかみんなが尊敬してる人だったり、コトバに重みがある。あんまりペラペラ喋らない学校の先生とかが理想。3) これはまあ、あんまり賢くなる前に言われることに意味があるのでは、と勝手に解釈しています。
追記4) 祖父がわたしの前で母に話していて、それをわたしがきいていた。福山さんの場合も同様、お父さんがお母さんに話しているのを福山さんが聞いていた。これが褒められているから効果は高いけど、けなすような内容だったら効果は間逆なんでしょうね。日本ってへりくだる慣習があるから人前であまり自分の子供褒めないよね。。。

わたしも祖父に掛けてもらったなんの根拠もない「おまえは大物になる」がおまじないのように頭に残っています。が、魔法がかかるのはいつかないつかな??と「いつか大物、、、」というのを待ち続けて早35年。(幼少期に掛けてもらったので)でも、根拠のない自信がなぜかずっとなんかありました。

うちの子供達にもそんなおまじないを掛けてくれる人がいれば自信につながるはずなのにな。。。





--------ここからはメモ---------



戦後70年の今年。

急に母が祖父の話をポロリ振ってきました。

母は祖父の話を始めると3秒くらいで鼻をすすり、話にならないので、今まであまり話を聞かないでここまできましたが、そうもいっていられないので、、、ちょいとこの機会に突っ込んでみました。

祖父は恐い顔をいつもしていて(ただニコニコはしていなかっただけ)、孫たちはおじいちゃんが座っている場所を無意識に遠回りして歩いたりしていました。ですが、チャーミングなところがあることはなんとなく子供達みんな知っていて、ボーっと突っ立っている時に膝の後ろを「かくん」とされない為に遠回りしていたのかもしれません。

祖父は東大の工学部で教鞭を執っていたのだけれど、瞬間写真が専門の彼は戦時中は航空科に移り、銃の弾がどのようにモノにあたるかという写真を政府から撮って研究するよう指示されていたのだそうです。
f0239329_08422267.jpg

(全然知らなかった。物理専門としか聞いていなかった。)

そして、その研究に使われた大量の弾丸を上野公園の三四郎池に研究室の仲間と一緒に沈めたのだと。敗戦後、すぐに研究していたことを知っていたアメリカ軍がその研究データだとか資料や写真を一切合切回収しに来たという。研究所はそれをもって閉鎖したのだそう。
当時祖父は41歳だったという。

今のわたしの年齢と同じ。同じ41でもなんと中身の重い41だろうか。


のち昭和30年代に(実に10年以上経ってから)三四郎池で2000年前のオオガハス、蓮の種から花が咲いたとかいう事件があり、事もあろうに三四郎池の中を種を探し捜索したところ、弾丸が大量に発見されたらしい。その時、航空科の研究所のメンバーと、警察に報告するか否か馬込駅のホームベンチで相談したそうだ。


わたしが小学一年の時に亡くなった祖父。今はスピ系のお友達に会うとかなりの確率でわたしにも会いに来てくれる。子供達をもっと褒めてあげるようよく言われる。あっちの世界で元気にしているらしい。



今年の八月中に書いておきたかったコト。



よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-08-30 11:40 | 人生

原点へ

2011年秋。

わたしはある人に出会ったことで世界が大きく広がりました。60度くらいしか開いていなかった窓が、180度くらい開いたようなイメージ。

その人に会うために、
f0239329_20405094.jpg

マカロンを作る練習をしました。
オセロマカロン。かなりいびつですが、その人はその場でガシガシ食べてくれました。

その人の気を引くために、
f0239329_20405192.jpg

こんなデコを施しました。

お題をつけては集まる口実を、、、いろいろな会をしました。
会のおかげでどれだけ世界が広がったかわかりません。

2012年1月 シナモンロールの会、
2012年2月 カップケーキの会、
2012年3月 スコーンの会、
2012年太巻きを習う会でフーヒップに出会い、
2012年5月フーヒップ販売の場を提供したり、、、、、
2013年1月UPというレストランのスタジオで菓子教室を始め、
バースデーパーティーをしたり、
ベビーシャワーをしたり、
クリスマスパーティーをしたり、
お別れ会をしたり、
パスタの会をしたり、
数々のお友達のお子さん達の初お泊りを見守ったり、、、
2014年8月会社を立ち上げ、フーヒップの販売を本格的にお手伝いし始め、
2014年10月IPPIN CAFE BARでポップアップショップなど開催させてもらい、
2014年11月菓子料理教室をIPPIN CAFE BARにて再開し、
今に至ります。


最近、久しぶりにオセロマカロンを作りました。わたしはこのマカロンを作るたびにその出会いに敬意を示し、初心にかえるつもりで、精進したいとおもいます。
f0239329_20405240.jpg

f0239329_20405388.jpg

勝手にリアルにマカロンでオセロしてる方々。
f0239329_20405445.jpg

母は大まじめなんですけど、、、
f0239329_20405567.jpg




よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-05-27 19:04 | 人生

心に残る「リー・クアンユー」の言葉

少し前にKinokuniyaで買った、佐々木藤子さん翻訳の本「リーダーシップとはなにか」。

リー・クアンユーが1968年当時44歳のときに残した言葉。

「人生とはなにか」

"成功するための条件が一つあるとすれば、それは自信である。国民は自分に自信を持たなければならない。自信がなければ、つまり、自分には挑戦するだけの力がないと思っていれば、決して成功することはないだろう。"



自信のないシンガポーリアンに出会ったことがあるだろうか、、、と考えてしまいました。
元首相の志しが、国民に浸透しているのでしょうね。


どうか安らかに、
ご冥福をお祈り申しあげます。








にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-03-25 01:53 | 人生

お友達宅でクリスマス⭐️

東京に来ております。

寒い寒いとは聞いていましたが、やはり毎年少しずつ寒さへの抵抗力が落ち、しびれや凍えを感じるほど、、、で。何をやるにも掛け声が必須です。

「はっ!!」

とか、

「ほっ!!」

とか、

「ふっ!!」

など、は行がどうやら有効なようです。

さて、ワタクシには、我がやんちゃ5人家族を招いてくれる奇特なお友達が何人か東京にいます。非常にありがたい、というか、神の域です。感謝。

しかも、、、

キッチン使わせてくれる、、、
アイランドのある、まさにドリームキッチンです。ひゃっほ〜い♥️

前日準備の図。
f0239329_17425287.jpg



お友達が早々に注文してくれていたターキー。

「I will order the biggest turkey at National Azabu Market...」

「(マジで?大丈夫なのか?わたし。きっとMAX5キロくらいしか焼いたことないし、オーブンに入るのかしら、、、)い、1番大きくなくても大丈夫じゃない?」

「10キロで10人から12人分って書いてあるから、10キロ注文しとくね。」

「わかった!解凍にどのくらい時間がかかるか、聞いといて〜。」
以前前日から解凍に手間取って大変だったことが。10キロなら、二日間くらいかかってもおかしくない。

で、、、そしたら、お店で解凍してくれるらしい。なんとすばらしいスーパーなんだ。しかも店員のみなさんが、親身になってさまざまな相談に乗ってくれる。。。爪の垢をいただいて、シンガポールに持ち帰りたいくらいだ。。。

きたー。というか、持ち上げるのに、一苦労な重さ。

しかも、、、洗浄タイムにマリネタイム、かなりかわいくないサイズです。
f0239329_17425375.jpg


わたしが持ち合わせてるマリネレシピ、この大きさじゃあかなりアテになりません。
ドライハーブに、塩、ヨーグルト、マスタード、ガーリック、オリーブオイルに砂糖。途中で不安になり、塩をかなり足しました。

うわさでは、1キロ三十分が、王道ルール。ってことは、、、10キロなら五時間!!2:50pmに慌ててオーブンに入れました。ゆっくりだから大体160度くらい。オーブンシートをかぶせて、ホイルの蓋をし、焦げと、くっつきを防ぎます。
(8:11を指すデジタル時計。実に5時間20分近くオーブンでがんばった、ターキー。)
f0239329_1742544.jpg

もちろん途中蓋を剥がし、出た油をターキーにかけます。ターキーはパサパサになりがち。それだけが、かなり心配でした。

さて、五時間たっても、焼けたサインの「ピン」が飛び出してきません。。。お腹の辺りの温度は57度。あまり高くない、、、。しばらくオーブンを開けないようにして、20分経過。もういいことに。。。あとは男子にまかせてまおう。

[この日のメニュー]
スーパーに無いものもあるだろうと、何となーくしかメニューを決めていなかったのだけど、前日に最終決定。

(カナッペ)
ブリニにサーモン&(なんちゃって)キャビア (ダンナリクエスト)
f0239329_17425592.jpg

(スターター)
トマトのクリームスープ
f0239329_17425517.jpg

(前菜)
ビーフトマトのサラダ(玉ねぎ、シソ乗っけ)
f0239329_17425644.jpg

(前菜2)
水菜に、マグロ、バチマグロ、中トロとアボカドの柚子ドレッシングカルパッチョ。
f0239329_1742578.jpg

(ローストターキー)
ちょっとカレー風味のスタッフィング、と、添えベジ、クランベリーソース、グレービーソース
f0239329_17425822.jpg

f0239329_17425938.jpg

f0239329_1743076.jpg

(副菜)
マッシュポテト
f0239329_1743082.jpg

(デザート)
バカの一つ覚えのRaw Chocolateに、、、クロカンブッシュ クリスマスバージョン
f0239329_1743152.jpg

f0239329_1743255.jpg

よく食べ、、、よく働いた二日間。
もうどんなサイズの鳥でもグリルできそうな気がしてきました、、、。

ホストしてくれたお友達家族に感謝。
ありがとう。珍しくアーメンとお祈りしたくなる晩餐でした。

そして、、、今は喪失感、、、。
グループクッキングは楽しいものです。


メリークリスマス⭐️



よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-12-25 15:16 | 人生

隙のないオンナたち

ワタクシは生物学的に、おそらく、

「スキのないオンナ」

です。
f0239329_1212062.jpg

そして、「スキのないオンナ」は決まってモテたりすることはありません。(老若女には相手にしてもらえます。Thank god!)
f0239329_1212132.jpg

先日10ん年来のお友達がシンガポールに仕事でやって来て、、、

「わたしも、スキがないって言われたわ。」
f0239329_1212131.jpg

と、私に打ち明けてくれました。
とてつもない一体感。
f0239329_1212290.jpg

Regent HotelのThe Tea Loungeで、

「隙とは、、、。」
f0239329_121234.jpg


と、語るアラフォー女子2人。
隙のないオンナは、大抵「甘え下手」という結論に達し、なんだか、損をして来た過去のキズを舐め合いました。長女にも甘え下手は多くみられるのではないでしょうか。

あとね、誰かと話しているとメイクのせいではないのに、妙に目力が強くなってしまい、

最近も、「○○○さん、こわいこわい、、、。」と、男子に言われてしまいました。涙。

と、ここまで書いたところで、
「スキのないオンナ」について調べてみることに。
したら、すごいのがありました。

以下 Huffpostより転載。
「スキのない女」達はスキのある女を演じる同性を嫌悪します。男に媚びるような生き方は自分にはできないし、そんなことをしても意味がないと思っています。しかし元々、人は自分を演じて生きています。家族の前での自分、職場での自分、学生時代の友人の前での自分、意図的に使い分けているわけではありませんが、人は誰もいつのまにか複数の自分を演じながら生きています。「スキのない女」として生きていた人が、次の職場では男性が求めるかわいい女性像を少しだけ取り入れることにしたとしても、それは大きな変化ではありません。

転載終わり。

どうです?
わたし?スキのないオンナを演じてた?そゆこと?

じゃあスキのあるオンナも演じれる?

いやいやいやいや。。。

ワタクシの自慢のお友達は、パリに本社を構える翻訳会社の美人女社長です。女社長は、フランス人の妻を演じ、超イケメン息子クンの母を演じ、スキのないオンナの友達を演じてる?

ホントかな?
f0239329_1212432.jpg





Regent Hotelのアフタヌーンティーには、もしかしたら、やや期待し過ぎてしまった、、、そんな感じがしました(*_*)


どちらかといえば、スキアリという方も、どちらかといえば、スキナシという方も、スキナシだけど、話術が光るという方も、スキナシの上、話術も光るという最強の方も、無回答の方もよかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-11-02 00:50 | 人生

恐妻家がゆく vol.1

しばらく前に、運転中のだんなさんが、ぼそりと、

「キョウサイカって何?」

と、聞いてきました。
出たよ、大体そんな話をだんなさんに吹き込むのは、八割がた商社の人。。。
(すみません、商社の方にもちろん悪気はありません。しかも、ホントにだんなさんは恐妻家かもしれないから、しかたがない。)

一応だんなさんには 恐妻家とは、

「協力的な奥さんを持つオットのこと」

よ、と、言っておきました。したらば、腑に落ちない顔で見られてしまいました。(意味知ってるならワザワザ聞かないでよね。)

その恐妻家の旦那さんは、半年近い期間わりとちゃんとしたヒゲを生やしていたのですが、つい最近きれいさっぱり剃り落としたのです。

が、、、
わたくし全く気がつかなかった^ ^

数日間、しばらく顔を見るたびに、なにやらニヤニヤニヤついているから、

「???」(なんかいいコトあったの?帰宅中にかわいいコにウインクされた?とか?)

数秒後、やっと保毛尾田保毛男さんよろしく、きれいさっぱり剃り上げたお顔に気付き、「あら☆そったのねっ!」とオーバーリアクションして差し上げました。その昔、髪型を変えても全く気付いてくれなかった旦那さんにたいそう腹を立てた自分を恥じました。

でもね、

一緒にいると気づかないもんです。
20年も一緒にいたら、男の人はオンナの人より老いが顕著に表れないから、そんなにチェックだってしないし、マジマジと顔なんてガン見しないもんです。

昔は気付いてくれない彼に腹を立てたコトもあったけど、今はもろもろスルーしてほしい、ワタクシはそんなお年頃。

それにしても、日本語にはなんと旦那さん中心なコトバが多いことか。
特にフェミニストなわけじゃないけど、それが日本の文化なんだろうな、と、感じて受け止める、そんな今日このごろです。
f0239329_9241136.jpg




Wiki先生に、恐妻家=愛妻家って書いてあったけど、このページには問題がありますって書いてあった。何が問題なんだろう。。。気になる。
よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-23 09:34 | 人生

おしりを叩かれる

小学校三年生の時に、「サンフィッシュ」というスイミングスクールにひと夏だけ通いました。
画像はお借りしました。
f0239329_23305844.jpg

そのスイミングスクールでは、他のスイミングスクールがそうであるように、どんどん泳いで慣れる、泳ぎこんでスタミナをつける、そんなスタイルの練習法を取り入れていました。

コーチもプールに入り、泳いでくるスイマー達の細かいフォームを流れに沿って直す、そんな指導方法でした。その中で、クロールの練習中に、自分が手を前に伸ばすときに、コーチが手をぐっと引っ張って前へ導き、カラダ全体が自分の力以上に、前に進む、あたかも自分が急にぐいぐい前に進めているような体感をしました。

そんな感覚をカラダで感じることで、その感覚に、今度は自分のチカラだけで近づく、そんな風に力を伸ばすのだ、、、というようなことを言われたような記憶が残っています。

**********************

また、中学生のころ、部活で、昭和なトレーニングをよくやりました。
お腹に自転車の車輪のチューブ(空気が抜けたもの)をくくり、後ろにそれをしっかりと体重をかけて持つ人がいて、自分は負荷をかけられながら走りこむ。(というよりも負荷が重すぎて、足踏みに近い) 数秒後に、そのままチューブから抜け出て前傾になりながら走り抜ける、そんな練習でした。
これも、負荷がかかっている状態から急に抜けることで、急にスピードが出る、イコール、普段以上のパワーが出せているような感覚に陥り、より早く走るとは、こんな感覚なのか、と、体感できるわけです。体感することで、目指すカラダの動きや、傾き具合、などを身をもって味わう、というそんな暗示練習法なんだと思います。

***********************

つい先日、それに近い感覚に陥りました。

この方とは、17年くらいのお付き合いになります。ですが、特に仲良くしていただいているのはここ数年。それまで彼女は、外資系金融でバリバリ第一線で活躍、しかもアジア統括するような立場で多忙の中の多忙を生きてきた方です。そんな役職についていたころ、「わたしの周りにはわたしの前に立って、道をどんどん切り開いていってくれる人がいてほしいし、そういう人を採用してるわ、、、」とはっきりおっしゃっていました。要は、かなりギラギラしていたってことです。「すごいな」通り越して「すげーな、、、」という感じでした。

その後、彼女は、

あっという間に早期退職され、ハーバード大学院に入学そして卒業、そしてシンガポールを人生二度目の拠点にされました。現在は、特にアジアにおける人身売買問題に力を注いでらっしゃいます。
彼女にフーヒップのことで何度も相談にのってもらいました。

最近、ついに、シンガポールはマリーナからほど近いセントジョーンズ島で、修行をされ、悟りの境地に立たれたもようです。顔つきおだやか、なのに開眼ぐあいが半端なかったです。

その彼女から、
「あなたいいじゃない、もっとできるから、がんばりなさい、これもやったらいい、あれもやったらいい、きっとできるからおやりなさい。」と、背中を押されました、、、。ん?神の声?背中をおされてる?近い将来の自分の姿をビジョンで見せられているような感覚?(うまく説明できないんですけど、そんな感じ。)

人にはいろいろなしがらみがあり、障害があり、ハードルがあり、でもそれ全部を汲み取ってアドバイスをするなんてことは、中々上手にできるものではありません。ならば、そのしがらみ達はのちにどうにか解決することにして、誰かの背中を押す、又は、誰かに背中を押されるコトは(最近のワタシは避けがちでしたが、)とても大事なことだなと思いました。

お尻叩かれて育った昭和世代、大人になっても叱咤激励されることは効果的。ま、叩いてくれる人にもよるんでしょうが。。。
やりたいことが出来ている自分を妄想する、妄想することを助けてもらうということは、その目標に近づくことなのかな、と、そう、ぼや〜っと思います。

女心と秋の空、、、。

で、ないことを願います。
f0239329_23324987.jpg



よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-10-14 17:11 | 人生

星に願いを、

雨のしとしと降る東京ですが、

本日は七夕。

イモ子が笹を買ってくれとせがんできましたが、スルー。おりがみで誤魔化します。

七夕に乗っかってお願いゴトを少々。。。

大事なあの人のあれ、よくなりますように。

お寿司が好きな、仲良しのあの人のあれもよくなりますように。

そして、、、世界のみんなの大事な人の痛みが少しでも和らぎますように。


When you wish upon a star
Makes no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you

If your heart is in your dream
No request is too extreme
When you wish upon a star
As dreamers do


さあ、みなさんもどうかご一緒に。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-07-07 15:34 | 人生

じんぞうさんへ

(「じ」は「し」に、「し」は「じ」に置き換えてお読みください。)

じんぞうさん、

この度はおめでとうございます。
歴史に名を刻むという願いが叶ったようですねっ。あら、でも悪名高き、、、になっちゃったかじらん。

9条、ノーベル平和賞に候補とじて正式に受理されたらじいしゃない?かな〜り名誉なことなのに、なんであんまりメディアに出てこなかったのかじらねぇ?ま、まさか、あなた圧力かけてないわよね?ノルウェーよりアメーリカだ?!あらやだ、そんなこと口が裂けても言っちゃダメよ。でもね、任期中に日本国憲法がノーベル平和賞受賞じたら、もじかじたら、じんちゃん、あなたが受賞式に出席することになるのかじら?そーゆー目立つ席好きだったわよね。でも、、、皮肉よね〜。

それはそうと、今回の任期は続いてるわね、前はちょうど一年だったしゃない?あのころはずいぶん今より若かったわよねぇ。

ねえ、ワタシ、この前バイオプランタトリートメントっていうのを初めてやってみたの。メスを使わない美容整形って歌われてるほど、効果が期待できるらじいのよ。

っでね、じんぞうさん、あなたもトライじてみたらどうかじら?引き締めはもちろん、毛穴もキュッとなるじ、それになんて言ってもリフトアップが最高!

Before & After の写真をみたら一目瞭然だと思うのだけど、どう?なーんか忙じそうだじ、たるみ?が、どうも気になってね、テレビ出る時はドーランぬってるのよね?、、、あ、たるみ、むくみのことはわかってる?あら、ごめんなさい、傷つけるつもりはなかったのよ。
だってホントに話じたいことはエステのことしゃないのよ。詳じい話はまた今度ねっ!

あなた、ワタシもそうだけど、ずいぶんとアメーリカが好きみたいね。バレバレよ!だって閣議決定された直後にだされたアメーリカの歓迎ぶりコメント観た??ちょっと示じ合わせてたでじょ?もじかじて、もじかじたらあなたひょっとじて、アメーリカ人?大丈夫ょ、誰にも言わないからっ。

それか、ひょっとじて、、、清志郎さんの地震の後には戦争がくるってヤツ、あの予言を忠実に再現じようとじてるとか?、、、やめてね、こわいわよぉ!

ワタシさ、戦争映画とか観る度におもうんだけど、ほら、相手をやっつけて、ウォー勝った〜ってなるしゃない?んで、ハッピーエンディング〜的な。あ、戦争映画しゃなくってもいいんだけどね、でもさ、やっつけられた側のやられた後の様子っていうの?出てこない場合が多いしゃない?やられた側の家族とかさ、友達とかさ、めっちゃ辛いってつい想像じちゃうのよね。ほら、最近出た、眠りの森の美女の悪役魔女、マレフィセント?彼女も表ストーリーではじっかり悪役こなじてるけど、彼女サイドからじてみれば、ぶっちゃけかなり切ないワケよ。わかるかじら?こんなアタシだけど、特技は妄想だからさあ、敵役の心情とかすんごいリアルに想像できちゃうワケ。

結局さ、ダメなのよ、刃向けちゃ。それが正当防衛でも、相手がさ、武器持ってるってわかった時点で、撃たれる前に撃てみたいになるしゃない?ダメよ、撃たれる為にみんな生まれてきたわけしゃないんだから、、、。
日本には銃刀法があるしゃない?世界にも銃刀法があればいいのにねぇ。

ねえ、じんぞうくん、誰にも言わないから教えて。ねえ、アメーリカの人と約束じちゃってたの?行使オッケーにするから、俺に任せろ的に、、、

沖縄の普天間基地移設の話もさ、ワザと同んなし日にやったでじょ?閣議決定と。話題散らそうとじたでじょ?大事なことはみんなで決めなきゃダメ。キャンプシュワブのこと、やっつけしゃないんだから!早く片付けようとじて漁師さんに五万円払って、警備させちゃったりじて、、、だから石ちゃんもあんなこといっちゃうのよ。石ちゃんも石ちゃんだけど、、、。あーっもうっ。

っていうかー、キャンプシュワブの前の海〜
めっちゃ綺麗なんですけどー!!見てこれ〜!!ラワ島レベルだわ〜
ここザックリ掘り起こじて滑走路作るの〜?本気でー?
f0239329_22504815.jpg

f0239329_22504918.jpg


もじかじて、じんちゃん、海嫌い?まさか実は、宇宙から来たとか、、、水こわいとか、それか日本のことあんまり好きしゃないとか、実はスパイだとあ、、、そーだったら、、、そう言ってもいいのよ。

だって、ジュゴンとかもいるじ、サンゴもキレーでこーんな半端なくきれいなとこ埋めちゃうって、、、?大丈夫?無茶ぶりがそーとー波紋を呼んでるわよ。じんちゃん、おウチの外とか人い〜っぱいいない?ワタシもそのうち押じかけちゃうわよっ!


イモ子母より




クリックお願いじます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-07-03 21:49 | 人生