ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

カテゴリ:レストラン( 58 )

Terraへ - Seita's OMAKASE

またしてもTras streetへ。

L' Operetta にいらしたシェフSEITAさんのお店、"Terra"にランチを食べにいきました。
f0239329_19545279.jpg

テラコッタが飾ってあるから、そこからお店の名前をとったのかしら?

その昔、会社でフルタイムで働いていたとき。
毎週火曜日にランチをしよう!と決めていたお友達がいて、その毎週火曜日をとても楽しみにしていたものです。勤務地が恵比寿だったので、レストランには事欠かない。サクッとランチだけど、たのしかったな。あのころ。

今はこのTerraに一緒に行ってくれたお友達とは私が唯一続けている(続いている)習い事、Dan Takedaさんのお花のクラス後に毎月ランチをしています。そんな決まった食事の約束ってなんか嬉しい。そんなの私だけかしら。

f0239329_19363283.jpg

おまかせ以外もあるけれど、きっとおまかせがお得なはず。
f0239329_19363279.jpg

次回はこちらのアラカルトにも挑戦したい。
f0239329_19363364.jpg

なんだかかわいらしい日本地図のイラスト。ふむふむ厚岸ってあんなところにあったのね。
f0239329_19363328.jpg

かわいい袋に入ったフォカッチャが、トリュフ風味のバターと出てきました!バター美味しい。
f0239329_19363378.jpg

あのガラスの向こう側に厨房があるのね。そんなにライブ感はなく、なんとなく見えるけどガチャガチャしてない。活気がスゴイところも好きだけど。黒板のイラストがまたかわいい。

白子に、ういきょうのバターソース 生アーモンド入り(激ウマ)
f0239329_19363355.jpg

ウニとカラスミのパスタ。ちょいピリッとします!
f0239329_19363439.jpg

これはお友達の枝豆のスープ パスタに匹敵するほど美味しい。
f0239329_19363414.jpg

肉側からの眺め
f0239329_19363493.jpg

芋側からの眺め
この芋がね、特に向かって右のチャービルの根っこと言われるこのちょっと甘い芋がどストライク。左のキタアカリももちろん美味しいのだけど。
f0239329_19363579.jpg

お肉は田島牛のみすじ。

f0239329_08120464.jpg

f0239329_08120528.jpg

フォンダンショコラ、 ラヴァケーキ

よく考えたら
これで$58はかなり
いい、、、

また行きたい!!
と来星するお友達の日程に合わせて予約しようとしたら11/30日まで全て昼夜も満席。
すごいなあ〜



Terra Tokyo-Italian restaurant
54 Tras Street
Tel: 6221 5159
Mail: reservation@terraseita.com


ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-11-09 19:21 | レストラン

ネギ麺 - 癒しの味

前にも書いた手打ち麺のハナシ。

来星して間もないころに、グルメなお友達に教えてもらった美味しいヌードル。

今でもたまに食べたくなるし、お一人様だったり、この一品しか頼まないときもあり、、、私にとっては癒しのほっこり麺。
f0239329_07455836.jpg

高島屋4階とん吉のお向かい
f0239329_21181527.jpg

カジュアルなクリスタルジェイド
ラーメンと小籠包専門店
f0239329_21181536.jpg

最近メニューが新しくキレイになって、
毎回乗せないでと、お願いしていた魚のフロスがなくなり、ネギのみ!番号409!
f0239329_21181651.jpg

手打ち麺がエライ長いので、ハサミで切ってもらいます。
付いてくるスープを半分くらいかけて、いただきます。
f0239329_21181667.jpg

子供達も一皿食べるほど好きらしい。
コシがあり、味もいい、、、。
鼎泰豊の麺とは比べ物にならない。(かもしれない)

ナスも美味しいけど、ナスは文東記のほうがおいしいかな。
f0239329_21495360.jpg




Crystal Jade La Mian Xiao Long Bao
(Ngee Ann City) (翡翠拉面小笼包)

Address: #04-27, Ngee Ann City,
391 Orchard Road, 238872




ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

[PR]
by mausst | 2015-11-03 07:40 | レストラン

京都へ弾丸 - 祇園 やまぐち (一生忘れないディナー)

二泊と短いですが、先月京都に行ってきました。
最初に嬉しかったこと、、、
深呼吸できた、、、気兼ねなく呼吸できる喜び。(2015年9-10月とシンガポールヘイズが酷い)

今回の京都、目的は別にあったのですが、なんとも今まで生きてきて、口にした中で一番美味しいXXXに出会ってしまい、それはそれは忘れられないディナーとなりました。

美味しいものを食べつくした、グルメ中のグルメのおじさまと、夫婦でご一緒させていただきました。こちらの祇園 やまぐち (イタリアン)は完全紹介制、京都の一見さんお断りというヤツです。ですからおじさまの紹介なしでは来店不可。なんと貴重なありがたい機会なのでしょうか。
f0239329_12582274.jpg

(画像はお借りしました)
イタリアンですが、京都。やはりといえばやはりなんだけど、玄関で靴を脱いで入店。常夏にいるという理由で、また軽く5年くらいストッキング履いてないから、イタリアンだし、大丈夫かと思った私が浅はかでした。恥ずかしい素足の一瞬は忘れて、、、6席しかないカウンターに着席。

6席以外にはお二階に小さな個室があるだけだそうで。

おじさまの他に若い清楚なお嬢さんが二人、そして、もはやここの食事だけが食べたくて、、、とおっしゃる東京からいらした有名な投資家&執筆家の方と6人でのディナーでした。

皆さんの到着を待ちながら談笑。こんなとき気の利いたこと言ったりできたらいいのですが、お料理が楽しみすぎて、ついシェフの手元を凝視してしまいます。
f0239329_05071424.jpg


乾杯をして、最初の一品。
アミューズと呼べばよいでしょうか。
だってホントにびっくりしました。この栗。
f0239329_05071533.jpg

かぶさっている栗の皮を取り除くと、
f0239329_05071529.jpg

栗を裏ごししてなめらかにしたものの中にフォアグラと京ならではの白味噌を合わせたものが入っていて、いきなり秋にどっぷり浸かりました。
しあわせ。
周りは栗を細かくしたものだと思う。皮の様子からさぞ立派な栗だったのだろうとお見受けします。

ポルチーニの冷製スープにアワビ
f0239329_05071549.jpg

ポルチーニスープだけで豪勢。それは濃厚なのに重くない、、、その上に立派なアワビなんて贅沢なんでしょう。
上等なアワビをいただくのは表参道 武蔵野に続き、今年に入って2度目?今まであまり関心のなかったアワビだけど、とても美味しいと、、、しかも斬新な組み合わせに二品目にして脱帽。
f0239329_12243499.jpg

暖かいパンがキャンバス地のかわいい袋に入って出てきました。お皿がロイヤルコペンハーゲンとVilleroy&Boch。金継(チップしてしまったお皿などを金を用いて継ぐ技術)してあるお皿もあり、ものを大事にする日本の伝統を感じました。
f0239329_12243545.jpg

パリっとしてて、香りチェックしてたダンナさんも満足な様子。オイルもピリッとしている。

こちら、一見大根?もしくはかぶの千枚漬け?に見えたのですが、なんと梨。
下に〆た白身のお魚があり、キャビアがドバッと乗っている、、、
f0239329_13034156.jpg

f0239329_13034288.jpg

このコンビネーションを考えつく、ご主人。。。
このキャビアの量と質。。。
そしてお箸でいただける事実。。。
うーむ、、、。

松茸のリゾット
青柚子の香り
f0239329_13034231.jpg

ごはんより松茸が多いかもしれない、、、
一年分の松茸をいただいた気がします。
食べやすい不思議な形のスプーンで。
f0239329_13034283.jpg

スプーンの先の縁が平らになっていて、すくいやすくなっているようです。初めて見ました。

冷製豆乳スープ?カッペリーニ
f0239329_13034319.jpg

に、ウニが山ほど乗っていて、
フレッシュな丹波の大粒の黒豆が入っていて、
カラスミがドッサリ掛けてある、、、
f0239329_13034399.jpg

フォークが隠れるほどの大きさのウニ。
食べても食べてもこの食材が手に入ることは一生ないので、再現は絶対に無理です。
ウニのパスタは、ダンゼン冷製。ウニに火を通しちゃもったいないです。

こちらが、今まで食べたどんなお肉よりも美味しいと感じたステーキ。お塩と、わさび付き。
f0239329_13034391.jpg


ここからは、お肉の心を描写したいと思います。

わたしは琵琶湖の向こうの近江から来た近江牛と申します。近江牛の仲間達の中でもエリートと言われるブランド牛のわたしたちは、一年に46頭しか出荷されず、どうやらとても特別な扱いを受けているようです。
このお店のご主人はフィレをご注文下さるのですが、フィレは大きくないからさらに希少価値が高いそうです。なんせ同期の友人は46頭だけですから、フィレは年間92個しか出荷されないわけです。
こちらに来て、びっくりしたのは、ご主人、わたしを知らない間に火を入れなさる。つまり、わたしは焼かれた感じがしないうちに、知らないうちに調理が終わっているのです。お分かりになりますでしょうか。こんなにストレスを感じずに過ごせるレストランは他にはございません。
なんと幸せなキッチンなんでしょうか。

という具合に、、、
このフィレは、、、
ストレスを感じずに、調理され、フォンドボーと、丁寧なお出汁と、少量のお醤油とでできた最高のさっぱりソースと一緒にお皿にもられているのです。

f0239329_13344927.jpg

美味しいはずです。
しかも量も丁度いい。

コースのお料理の量が丁度いいのです。
その心地よいこと。
重要です。それが、また行きたいと感じさせる大きなファクターでもあるのではないでしょうか。

最後に、デザート。
f0239329_13345089.jpg

(また金継してある)
香ばしいそばが乗っているカスタード。
f0239329_13345063.jpg

美味しい。気取らないけど、丁寧。

f0239329_13345125.jpg


おじさまが、日本一美味しいイタリアン、やまぐち、と言っていた意味が分かる気がします。


またいつかお邪魔できる日がきますように。











ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

⭐️⭐️⭐️
[PR]
by mausst | 2015-10-22 13:29 | レストラン

2度3度美味しいばらチラシ - わだつみ

美味しい店が連なるTras street。やはりダンジョンパガーは勢いがありますね。

わりと新しくできた漁連運営?のお店、わだつみに行ってきました。

f0239329_00321596.jpg

女子サイズというか、、、丁寧で、美しい〜
(これを持続させる安定させるのがシンガポールはなんと難しいことか、、、。応援しております。)

タコ、かわいい〜
f0239329_00321586.jpg

吸盤が凝視してます、、、

目が飛び出るほどではない?お値段?
漁連ですからクオリティは良いと思います。
f0239329_00321599.jpg

f0239329_00490901.jpg

$8.00増しでサラダとデザートを追加していただきました。

ワサビ醤油の他にゴマだれが、そして、最後は鯛茶漬けみたいにお茶を掛けていただくという、3度楽しいバラちらし。

わたしは個人的にはゴマだれより醤油〜という感じでしたが、新しいいただき方ですねぇ。
f0239329_00490919.jpg


キャッシャーで売っていた海苔がかなり好評でした。
今度は夜にいこう〜

(10月3日から17日まで青森フェアをやっているらしい、、、何が食べれるのかな。)
f0239329_00491097.jpg



神田 わだつみ
50 Tras Street Singapore 078989
reservation@kanda-wadatsumi.sg
+65 62216264
Lunch: 12pm to 3pm
Dinner: 6pm to 11pm
Close on Sunday and Public Holidays


どうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

[PR]
by mausst | 2015-10-03 00:16 | レストラン

Open Farm Community - 野菜がおいしいレストラン

最近話題のデンプシーにあるレストラン。
f0239329_16565025.jpg

Jim Thompsonの裏手に位置します。
レストラン手前に小さな農園があったり、そこら中に食べられそうな葉っぱがたくさん生えています。(もっともヘイズ酷い今日この頃ちぎって食べようとはしませんが、、、)
f0239329_16565067.jpg

テラス席
f0239329_16565198.jpg

ちょっとした遊び場もあり、、、
f0239329_16565197.jpg

ブランチを予約しようとしたら3週間先まで希望した時間はいっぱいで、人気の様子をうかがわせました。
f0239329_16565137.jpg

気を取り直して、お友達とランチへ出直すことに。

テラス席側から入るとコーヒーコーナーが。
f0239329_16565100.jpg

なんかカラフルなグッズも売っています。
f0239329_16565205.jpg

f0239329_16565288.jpg

最初空いていたのですが、アレヨアレヨというウチに満席に。
f0239329_16565253.jpg

メニューみてちょいとびっくり。
お高い。そして平日ランチセットなし!
さて、どうオーダーするか、、、
f0239329_17130150.jpg

f0239329_17130235.jpg

五人だったので、スターターをそれぞれ選んでオーダーし、メインはシェアすることに。ポーションもそんなに大きくないからシェアしづらそうな一皿もありました。
f0239329_17130230.jpg

テーブルの上にはミニサイズの花瓶があり、バジルとしそが、、、食べていいのかと思ってつまんで口に運んでいたらダメだといわれてしまいました。(確かにテーブルが回転して、ちぎられた茎が残ってたらマズイか、、、紛らわしい😁)

注文し終わったらかわいらしいお皿が〜
好み〜
f0239329_17130269.jpg

前菜
ブロッコリーとフェタチーズの温野菜サラダ
f0239329_17130380.jpg

にんじんのタルタル
f0239329_17130307.jpg

これメインだったかな?ちょっとパスタアルデンテすぎ、、、
f0239329_17130370.jpg

ツナとグリーンパパイアのサラダ
これ美味しかった。パリパリのが特に。
f0239329_17130404.jpg

タルタルは作って^ ^とお願いしたら快諾してくれました。
f0239329_17130430.jpg

f0239329_17262806.jpg

f0239329_17262851.jpg

つづいてメイン
うどんのようなパスタ。
カニに、ココナツカレーソース
f0239329_17262952.jpg

バーガー ポテトうまし
f0239329_17262943.jpg

豚バラちゃん 脂が中々の主張をしていました。野菜はおいしいねえ。
f0239329_17262962.jpg

お店は天井が高くてライブリーで賑やかでいいのですが、それに加え音楽もガンガンかかっていて、ヘイズにやられぎみのワタシタチアラフォーには少々こたえました。
f0239329_17263005.jpg

f0239329_17263099.jpg

最近どこのレストランも人手不足で大変そうだけど、ここはスタッフたくさん!お給料いいのかしら。

お腹いっぱいだけど、みんなで一皿だけ、、、
レモンタルトとバジルのアイス。
美味しかった!手抜きない感じ。
f0239329_17263182.jpg



さあさあ、夜はどんな感じなんでしょうか、、、また来てみよう。

Open Farm Community
130E Minden Road
Singapore 248819

Monday – Friday
Lunch - 12pm to 3pm
Dinner - 6pm to 10pm

Saturday/Sunday/PH
11am to 10pm

The Farmacy
9am to 9pm daily

+65 6471 0306
enquiries@ofcsingapore.com.sg



読んでくださりありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-09-24 16:37 | レストラン

LONG CHIM - マリーナベイサンズのタイ料理

先日フラワーアーティストのDan Takedaさんのお花が1夜限定で見れるというので、お友達と行ってまいりました。
f0239329_18285831.jpg

フルラのリニューアルオープニングのお花で、フルラにふさわしく、お花溢れる空間、ステキでした。
f0239329_18285820.jpg

特設お花屋さん!?

が、、、特にフルラの顧客でも関係者でもなんでもないわたくしたち、、、Away気分をしっかりと味わいそして噛み締め、いそいそとゴハンを食べに行くことにしました。

うわさに聞いていたLONG CHIM!
f0239329_18285849.jpg

ナリサワに続き今年サンペレグリノのベストレストランin Asiaでバンコク店はどうどうの7位(だったと思う)。

の、マリーナベイサンズ店です。
メイズのようなエントランス。
f0239329_18452085.jpg

そして、、、
大好きなモザイクタイル!!
f0239329_18452158.jpg

なんだかそーとー素敵な雰囲気で、、、
先ほど味わったAway感も吹っ飛びました。
f0239329_18452154.jpg

店内広々。バーの奥に屋台をモチーフにした擬似屋台ダイニングがありました。
f0239329_23221064.jpg

ま、でもエアコン効いてて、キャンドルに白いナプキン。
f0239329_23221061.jpg

私が飲まないことを知っているかのように、、、モックテルを勧めてくれるお店のおばちゃん。
Pacific Spring Punchというのを砂糖控えめでお願いしました。
そしたら砂糖全くなしのドリンクがサーヴされ、、、。でも甘いよりいいので、大丈夫です。
f0239329_23221192.jpg

↑やはり、、、よいお値段、場所代込み込み込み。って具合でした。
春巻きと、fish cakeと、なすの前菜を注文し、。続いてパッタイと、お店のおばちゃんイチオシのPrin's noodles、それからエビのカレーとライスも頼んでみる。

美女との会話が弾み、、、暗くなってまともな写真が撮れないもどかしさも助けiPhone に残された写真が著しく少ない、、、
f0239329_23221156.jpg

この春巻きはかなり美味しかった。
ナスもちょいピリ辛で美味。(全然みえない、、、汗)
Fish Cakeは可もなく不可もない感じ。
f0239329_23221126.jpg

f0239329_23221246.jpg

ま、ね。

Prin's noodlesは焦げた味がして(暗かったからわからないけど絶対焦げ焦げだった)残念だったけど、マリーナベイサンズへ来て、これるレストランがひとつ増えた!という感じ。Mozzaもお値段の割りに、、、だし。(pizzeria mozzaは相変わらず前菜達が好き。)

次回行くことがあったら、

春巻き
ナス
エビのカレー

は、また頼みたい。

しかし、、、サービス担当してくれたおばちゃん、多分スピ系だと思う。考えを読まれてるのかと思った、、、


Long Chim
#02-02, Atrium 2
The Shoppes at Marina Bay Sands
10 Bayfront Avenue
Singapore, 018955
http://www.longchim.com.sg/phone/index.html


読んでくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-09-07 18:16 | レストラン

京懐石 よしゆきへ

記念すべき初"差し"ランチ。

初ランチだけど、でも気があうことはわかっているお友達。知り合ってもう3年には軽くなるはず。

どこにいこうか、と話しててきっとわたしがいろいろ知ってるはずだから決めてと言われてうーんうーんと考えていたら、彼女はサクッと三つくらいにしぼってくれた。男前な女子、大好き。

以前から、随分と前から気になっていたけど、敷居が高くて入れなかったお店。
ご主人は日本大使館のお抱えシェフだったそうで、天皇の料理番熱から冷め切ってないわたくし、すっかり目が星になってしまいました。

「よしゆき」
f0239329_14114651.jpg

見たことある人も多いでしょう。気になっていた人も多いでしょう。
f0239329_14114724.jpg

オーチャード、Forumというショッピングモールの地下一階にあります。
f0239329_14114762.jpg

店内オトナでステキでした。椅子も好き。
f0239329_14114717.jpg

ランチは$88++ と$128++

$88++をお願いしました。

ウニと湯葉は、、、お互いを高めあってます。
f0239329_14114842.jpg

とうもろこしと京味噌のすりながし
f0239329_14114805.jpg

やっぱりすりながし、、、好き。

今度もし熱が出たら誰か枕元におかゆじゃなくて、すりながし持ってきてほしい。

鯛のお造りに、、、土佐酢のゼリー。
f0239329_14114804.jpg

この日の感動の一品。
トロに、泡土佐醤油。
こんな美味しいジュワッとした優しい醤油初めて。トロが、トロの美味しさが、、引き立ちます。
f0239329_22331325.jpg

鱧 はも
(ご主人がサービスしてくださったみたい、、、!!)
f0239329_22331420.jpg

真魚鰹の塩焼きに餡がとろり。
京都はなんて味がやわらかなんでしょう。
f0239329_22331442.jpg

お友達が選んだ、炊き合わせ。
菊の形に切ったカブに蟹身が入っている、、、
f0239329_22331586.jpg

f0239329_22331598.jpg

こんなふうに一つ一つ丁寧に包丁を入れるのです、と焚く前のかぶらを見せていただけました。
f0239329_22331568.jpg

ずけ丼に、削りたての鰹節がかかったお新香。
次回合羽橋に行ったら鰹節削り器を買ってしまいそう。。。
f0239329_22331694.jpg

f0239329_22331657.jpg

水菓子 - あんこと自家製塩バニラアイスの最中。
この湿度の高いシンガポールでどうやってパリッパリをキープするのだろう、、、
f0239329_22594949.jpg



食後、お隣の広いバーを見せていただきました。
ひ、広い!上品な間口からは想像つかない奥行きです。
f0239329_22594998.jpg

こちらのバーでは、上のラーメン屋さんのラーメンも注文できるのだそう。
f0239329_22594927.jpg


京懐石。
京都に行ったらこの値段ではお食事できません。もしかしたら予約だって取らせてもらえないかもしれない。。。

特別な日に夜またおじゃましたいところです。



よしゆき

+65 6235 1088 / +65 8188 0900

583 Orchard Road,
Forum The Shopping Mall,
b1-39 Singapore 238884
http://kaisekiyoshiyuki.com




よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-08-31 13:16 | レストラン

Corner House - ブランチへ

先日、日曜日に子供達三人がキャンプに行くことになり、またと無いブランチに行くチャンスが巡ってきました。

ブランチって基本週末。もともとは日曜だけよね?
週末ってなんだかんだやれ習い事だのバースデーパーティーだの、お泊まり会だのってバタバタするから子供達連れてブランチなんか数えるくらいしか行ったことない。その上あまり食べなくてもお高くつくし。

ってなわけで、このタイミングを利用して気になっていたボタニックガーデンのコーナーハウス"Corner House"へだんなさんと行ってみました。
f0239329_23211837.jpg

f0239329_23211870.jpg

こちらのBlack & Whiteの建物、以前はAu JardinというLes Amis(レザミ)系列のレストラン、その昔お友達が結婚式をしたステキなコロニアルスタイルの建物です。

内装は全てやり直したと見え、モダンシックに仕上がっていました。
f0239329_23211934.jpg

汚れたらどうするのか気になりすぎるソファチェア。
f0239329_23325875.jpg

Sunday Brunch 4コースで$68+++
グッとお腹が引き締まるお値段。でもホテルのシャンパンブランチとかベラボーに高いものね。
f0239329_09562822.jpg

わたくしはスパークリング水で、旦那さんはアワアワ。
f0239329_17163801.jpg

リエットあり、フォアグラパテあり、、、かなりお腹いっぱいになりそうな予感。
f0239329_17163822.jpg

f0239329_17163849.jpg

f0239329_17163945.jpg

これが楽しみにしていたエッグズベネディクト。
でもサーモンだわ、、、。個人的にはハムがいいのよね、、、。
f0239329_18211851.jpg

これは旦那さんチョイスのトルティーヤ。
トルティーヤと聞いてこれを想像できる人いたら尊敬。でもこれエッグズベネディクトの10倍美味しかった^ ^
f0239329_18211811.jpg

絵みたいだ〜
f0239329_18211807.jpg

迷わずフォアグラ選んだ旦那さん。
f0239329_18211998.jpg

f0239329_18442626.jpg

塩がなんかかっこいいのに入っている。
湿気らないのかしら。
f0239329_18442691.jpg

デザート。美味しかった!
食べづらいのと、お皿にカトラリーがあたる音が気になるけど。
f0239329_18442639.jpg

全部食べてないです、、、念のため。
こちらは旦那さんのチョコベースデザート。
コースデザートは一つだけだったんだけど、なんか別の味のものを食べたくて無理いって作ってもらいました。
f0239329_18442748.jpg

お腹いっぱいすぎて、ロングブラック飲めず、エスプレッソ。
f0239329_18442772.jpg

そして、寒すぎた。派手に結露。。。
上着必須です!

お隣には四人組シンガポリアンの女性達。ノースリーブミニスカでも、寒さには余裕そうでした。
すごいっ!
f0239329_18442740.jpg



http://www.cornerhouse.com.sg/contact.html




よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-08-28 18:46 | レストラン

悲願の NARISAWA へ

昨年末行きたくてしょうがなかったレストラン、「NARISAWA」。
f0239329_1653199.jpg

グルメ中のグルメのお友達が、リダイヤルにリダイヤルを重ね、やっと取ってくれたテーブル、まさに悲願のランチに行ってきました。(←わたしは結局手を合わせて祈っただけでなんの役にも立っていない) ミロヒちゃんどうもありがとう❤️

2015年サンペレグリノ「世界のベストレストラン」8位にランクインしたナリサワ。輪をかけて予約が取りにくくなっているようです。

ちなみにアジアの最優秀パティシエ賞は、
「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」
の杉野英実氏が日本人初受賞。
↑↑↑
特記すべき大興奮記事


シンガポールでおなじみAndreさんと仲良しらしいナリサワさん。なんか方向性がとても良く似ている気がしましたが、、、
食材はどうがんばっても日本のこだわり生産者に勝てない海外のレストランかな
、、と思わずにはいられない、フレンチでも素材の力、それ以上を引き出す素晴らしいメニューでした。(勝手に知った風にコメント、どうかゆるして。)

さてさて、最初に「森のパン」なるものが発酵している状態で登場。木の芽と甘夏風味。これからもう少し発酵させるようです。
f0239329_1653283.jpg

メニュー
f0239329_1653256.jpg

里山の風景 筒状のものには、"森のエッセンス"が入っていて、切り株に付いた水を舐めているようでした。緑の苔は、アンドレの土を思わせる、、、。
枝のようなものはゴボウで、一緒に食べて絶妙な味わい。期待が膨らみます。
f0239329_16533100.jpg

湯葉?に私の大好きなアジ。
f0239329_165342.jpg

ここで森のパンの発酵マックス。
あつあつの石丼ぶりで、焼いてくれます。
f0239329_1653445.jpg

f0239329_1653520.jpg

まるでおしゃれな鳥の巣にたまごが2つ!!みたいな。
f0239329_1653671.jpg

木の蓋をして待つ、、、
f0239329_1653654.jpg

その間にこの日1,2を争う品が運ばれてきました。
→ボタン海老
→ウニ
→ジュンサイ
ひゃ〜この三つで間違いがおきるはずがない、、、そしてナリサワさんの手にかかったら頂点に上り詰めるだけ。
f0239329_1653714.jpg

三重の立派なはまぐりに高知の甘いだけじゃないトマト。芽ネギの細かいこと。
f0239329_1653816.jpg

パンが焼けました。でも下のお料理が気になりすぎます。
f0239329_1653878.jpg

こちら、どのレストランも勝てないであろうレベルのお野菜をこのレストランが魔法にかけます。下手したら赤座海老が準主役なのかも、、、
特に三重のトマトが本当に美味しかった。
f0239329_1653910.jpg

わびさび森のパン
f0239329_1654029.jpg

いか。この葉物がやたら美味しかったのを思い出した。なんの葉っぱだったかしら。
f0239329_1654137.jpg

祇園祭りの山車をイメージしたナス。
いままで食べたナス料理の最高峰。またこちらのメニューでこれが一番美味しいし、美しいと思いました。
f0239329_1654180.jpg

ほんのりピンクのポーク
f0239329_1654273.jpg

絶品ハモ♡ ウドはほとんどシンガポールで口にしないから久しぶりでした。でもこんな半透明の白いウドは初めて。
f0239329_1654393.jpg

最後は島根牛
噛めば噛むほどおいしい。こんなお肉あるだろうか。これと、祇園とウニが私のベストスリー。
f0239329_1654420.jpg

さわやかなお口直し。
f0239329_1654488.jpg

グレープフルーツ?
f0239329_1654520.jpg

こーゆー器?グラスほしい。
f0239329_1654652.jpg

砂糖と塩がグラスの縁に付いている。
f0239329_1654682.jpg

抹茶だったかな?のフレンチトースト。
もう少し食べたいなあ〜と思っていたら、、、
f0239329_165472.jpg

森のプチフールきた〜♡
f0239329_165482.jpg

f0239329_1654954.jpg

f0239329_1655010.jpg

f0239329_1655097.jpg

f0239329_1655124.jpg

最後のコーヒーも大変美味しくて、濁りのない、古き良き純喫茶のコーヒーを思い出しました。
f0239329_1655236.jpg


ありがとう。人間に生まれて、日本人に生まれてよかった。

f0239329_1655216.jpg




よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-07-23 18:59 | レストラン

表参道 - 割烹 武蔵野 すごい

場所からレストランを探すのは簡単ではありません。それはきっと全国共通ですよね。駅からどうか、予約が取れるか、予算的に見合うか、、、などなどきっとどこか妥協しなきゃいけないファクターがあるはず。

ましてやワタクシは東京を離れてもうすぐ六年。レストラン事情にはガイドが必須です。そんなときの神頼み、、、

「東京いい店、うまい店」。

この本の地図から探したのが、

「武蔵野」

このお店、、、とんでもなく素晴らしいお店でした。。。

お食事よし、
場所よし、
お値段よし、
急な予約もよし、
サービスよし、
の五拍子そろった名店!

場所は表参道 伊藤病院の道を入り、Flying Tigerお向かいのお箸やさん奥の二階。蕎麦割烹 武蔵野 と書いてあります。が、、、それ以上そしてお値段以上、、、。
(夜は8400円の懐石コースのみ。)

まず、海女さんがとったアワビ。
アワビの縁側をかつお節と土佐酢でいただく。
写真じゃわかりづらいけど、
もずくと山芋の酢の物。このもずくも海女さんのとったもので、いままで人生で食べてきたもずくとは別物。
f0239329_1911127.jpg

f0239329_19111362.jpg

ゆずの中身をくりぬいて作った、、、なんとか。とろりとしたでもさらりとしたあんかけが絶妙。
f0239329_19111479.jpg

宮崎牛のたたき
アワビの酒蒸し
蕎麦刺し (あわびの肝を蕎麦生地に練り込んである)
f0239329_19111551.jpg

蕎麦味噌
鱧のしんじょ
、、、あとなんだっけか、、、とにかく美味しかった。ここまでで、まあまあなもの一つもなし。
f0239329_19111615.jpg

そして、、、
f0239329_19111728.jpg

お鍋。鴨、いのしし、豚バラ、鹿、美しく刻まれた香味野菜達に、先ほどのもずく、、、。
f0239329_19111835.jpg

を、ワガママな女子6人の為に大将の笠牟田さんがご用意くださいました。
f0239329_19111976.jpg

まずはもずく
f0239329_19112169.jpg

スープもいちいち飲み干すほどお出汁が絶品。
f0239329_19112296.jpg

で、、、ここで、特別にこんなものを出してくださる大将。
f0239329_19112211.jpg

番号ついてるお肉!
f0239329_1911232.jpg

沸き立つ29女子!
f0239329_19112646.jpg

じゃーん!!
f0239329_19112422.jpg

半生で、、、トロけます。
f0239329_19112579.jpg

とけてなくならないでーーー!!!
f0239329_19112731.jpg

あまりのすごお肉に気を取られすっかり忘れそうになったけど、それぞれのお蕎麦。美味しくいただきました。
f0239329_19112876.jpg

でね、、、
このデザート。ほんのり甘くてほっこり本当に美味しかった。
f0239329_19112980.jpg


表参道に行ったなら、、、

「武蔵野」へ。


武蔵野
東京都渋谷区神宮前4-2-17 2F
月曜定休
Tel: 03-3497-1129
12:00-13:00
18:00-23:00 (21:30 LO)


よかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2015-07-21 15:59 | レストラン