ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

矯正のはなし

「芸能人は歯が命」

というすばらしいコピーを皮切りに、美歯市場が日本で1994年ごろ確立した(多分ね)、のはつい最近のような気がしますが、もう20年も前のことなのですね。

欧米、特にアメリカではすでにそのころ、笑顔にかけるお金は日本の比ではなかったのではないでしょうか。

ワタクシも、必要に迫られて、大人になってから歯の矯正をしたのですが、いよいよ子供達の歯も心配をしてやらねばならない年頃になってきました。

ワタシは歯の専門でも歯医者さんでも矯正歯科医でもありませんが、中々興味深い話を矯正の先生に伺い、なんとなくそれを信じて現在矯正歯科に子供達を通わせています。
f0239329_18561531.jpg

昔は、一般的に永久歯が生え揃った時点で出っ歯だとか、乱杭歯だとかレッテルを貼られ、それに応じて矯正を決意したりしなかったり、でした。(少なくともうちではそうだったんです。。)

でも、時代は変わり変わって、今は永久歯が生え揃う前にリテイナーをして、少しずつ出っ歯を直しつつ、歯と歯の間をあけていって、んでもって必要だったらその後矯正、、、と、そんな感じらしいのです。

それって、矯正の先生の思うつぼ?リテイナーもやって、更に矯正、、、めっちゃお金かかるじゃん!と思っていたんだけど。。。

なんと、

「我慢強くリテイナーだけしていれば、矯正しなくても大丈夫かもしれないわ♥️」

と、つい先日、先生に言われました。
リテイナーを始めて約6ヶ月、オーバーバイト、つまり出っ歯1cmが半分の5mmになりました。
f0239329_18561685.jpg

矯正だけを集中的に短期間でやると(1-2年)歯が元の場所に急速に戻ろうとして、意外とそのあともずっとリテイナーをしなくちゃいけない。(ちゃんと根気よくやらないと戻る⬅︎ワタシ、戻っちゃった人)
しかも、歯間を広げるまで時間をかけないから、必要ならば、歯を何本か抜くことにもなる。(実際ワタシは親知らず含め8本抜きました。)

でもできたら歯は一生モノ、抜かないほうがいいにきっと決まってます。

それに、矯正器具を調整したあとは、痛いし、口内炎はできるし、歯磨き大変だし、アグリーだって勝手に自分で感じてちょっと落ち込むし、、、。

それをやらなくていいのは、金銭的にも精神的にもありがたい!

と、1人歯医者さんで小躍りしてみました。

「根気よくリテイナー」

オススメしたいです。

特に矯正歯科医さんのオススメはありませんが、、、
費用はリテイナーが1500ドル前後で隔週でリテイナー調整に100ドル前後、
矯正よりは安いんじゃないでしょうか?(今は技術が進んで矯正も昔よりリーズナブルになってるかな?)
f0239329_18561770.jpg


矯正派の人もリテイナー派の人もそうでない人も、かわいい八重歯をお持ちの人も
↓クリックしていただけたら嬉しいです。
Vielen Dank!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2014-05-05 17:43 | 子育て
<< 日本舞踊ワークショップへ行こう ホワイトアスパラガスを食べに >>