ブログトップ

シンガポール Sweet Tooth ブログ

orrs.exblog.jp

門前の小僧

プロ野球をこよなく愛す母は、しがないケーキ屋を営んでいます。
(今はなき近鉄バッファローズの大ファンでした。)
f0239329_1431257.jpg



営業を開始してから20数年がたつ今、1人でできる範囲で、ゆったりと経営しています。

ところが、"しがない"とか"ゆったり"とか、身内のわたしが言っても語弊があるような気がしてきました。


なぜか、、、


12月は日本のケーキ屋さんにとって一年で一番忙しい時期。ムスメのクセにわたしはこの時期実家に近づかないようにしてきました。実際日本を離れ、物理的にそう簡単には近づけなくなってしまったコンニチ、申し訳なさでいっぱいです。


今年もしかり。


もともと対決するつもりも比べるつもりもないのですが、ちらりちらりと教えてくれるクリスマス情報にクラっときました。


✳︎卵を17日から26日までに600個使った。

✳︎生クリームは200ml入りを100個くらい使ったかな。

✳︎イチゴは85パックだったわ。

✳︎シュトーレンは50個完売。

✳︎トリュフは500個くらいかしら。

✳︎ケーキはまだ数え終わってないけど、もう寝るわ。。毎日12時には寝るようにしてるの。。


60を過ぎた女子が、1人でまかなえる量でしょうか?
働き盛りのハズのアラフォーのワタシが逆立ちしても無理な気がします。。



門前から離れてしまった、小僧は習わぬ経を読めないどころか、ガッツも根性も学び直さねばならないようです。


思い起こせばアメリカに留学してるころ、、、
誕生日に、航空便でケーキを送りつけてきてくれたこともありました、、、。微妙な年頃のワタシは複雑な気持ちでケーキを受取り、絶妙にしっとりなダークチョコレートケーキをルームメイトや同じ寮のお友達と食べたものでした。

"4,5日で着くと思ったから調度食べごろだったでしょ。。"と母。

その常識やぶりなところ、無理なコトを無理と思い込まないところが前に突き進む原動力なのでしょうか。



















オーチャードのTangsにオープンしたTiong Bahru Bakeryに行ってみました。

パン屋はあけぼのがおかし。
8時オープンのところ8:45分ごろに行きました。あまり早くてもパンの種類がそろわないからね。
f0239329_143990.jpg

f0239329_1431060.jpg

f0239329_1431182.jpg

カプチーノ、いつも通り美味しかったです。
焼きたてのジャスミンティとホワイトチョコのスコーン、、、甘かった。。クロテッドクリームとジャム付けてちょうどいいくらいが私は好きです。
チョコとくるみのマフィンはよく冷えているので、温めてもらうといいかもしれません。。







Vielen Dank!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mausst | 2013-12-28 14:02 | 人生
<< 恵比寿フレンチのムース オ ショコラ Notting Hillのはなし >>